2019/02/23 01:41 JST

ニュースレター「[Geeklog] 「OSC2015 Tokyo/Fall」 セミナー参加登録 受付開始のお知らせ」を配信

  • 投稿者:
  • 表示回数 556
ニュースレター ニュースレター「[Geeklog] 「OSC2015 Tokyo/Fall」 セミナー参加登録 受付開始のお知らせ」を配信しました。




------------------------------------------------------------
Geeklog Japan ニュースレター No.134
https://www.geeklog.jp
------------------------------------------------------------
1. 「OSC2015 Tokyo/Fall」 セミナー参加登録 受付開始のお知らせ
2. Geeklog 2.1.0 活用方法について
------------------------------------------------------------
今駒 哲子さま

------------------------------------------------------------
1. 「OSC2015 Tokyo/Fall」 セミナー参加登録 受付開始のお知らせ
------------------------------------------------------------

「OSC2015 Tokyo/Fall」のセミナープログラムの公開と参加登録の
受付が開始されました。
http://www.ospn.jp/osc2015-fall/
ご参加を希望されるセミナーへの事前登録をお願いします。

Geeklogは、10月24日(土)13:00-13:45です。
https://www.ospn.jp/osc2015-fall/modules/eguide/event.php?eid=22

日時: 10月24日(土)13:00-13:45
会場: 明星大学 日野キャンパス 28号館 2F(OSC受付)
   (多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」から大学まで直結。会場まで徒歩6分)

自治体、大学で活用。CMS Geeklogのあたらしい機能と活用方法の紹介
https://www.ospn.jp/osc2015-fall/modules/eguide/event.php?eid=22

自治体や大学での運用は、
1.複数管理者による管理がやりやすいこと、
2.運用までの習得工数を押さえられること、
3.サーバーの負荷が低いこと、
4.脆弱性の問題がシステムに含まれていないこと、
などが必要とされているかと思います。

そういった要求をすべて満たしているGeeklogですので、どう活用すれば
良いかを、具体的にご紹介していきたいと思います。


講師:今駒 哲子(代表)
担当:Geeklog Japan
レベル:入門編
対象者:セキュアなCMSを探している方、WEB運営を効率化したい方、
物件サイト等を新規開発したい方
前提知識:WEB

スマホやPCから画像を一括登録して自動的にサムネイル、表示画像を
自動生成してアルバム作成。
コンテンツには、自動タグを記述するだけで画像、キャプション、
説明が記事やページに記載。大幅にコンテンツ作成ステップが短縮されました。
また、オープンデータに対応する物件検索サイト開発などで威力を発揮
するdataBoxプラグインの機能およびカスタマイズ事例などをご紹介します。
設計がシンプルなため、phpMyAdminによるコンテンツの流し込みなども可能。

【カテゴリ】Webアプリ/公共・自治体/オープンデータ


------------------------------------------------------------
2. Geeklog 2.1.0活用方法について
------------------------------------------------------------

Geeklog 2.1.0から、配布用パッケージを公式サイトに掲載せず、
GitHubから直接ダウンロードしていただく形式に変更させていただき
ます。
くわしくはこちらをご覧ください。
https://www.geeklog.jp/staticpages/index.php/_1start_geeklog

このサイトで説明しておりますが、
IVYWE版はこれまでどおりの配布パッケージ形式ですが、GitHub版は
アップロードが少々複雑です。
ご不明な点は、掲示板やFacebook掲示板、あるいは配布元の会社に
お問い合わせください。

IVYWE版はGeeklog-jpのforkですが、インストール、カスタマイズ
しやすいforkがGitHubで生まれていけば、さらに活用がひろがるの
のではないでしょうか。ということで、forkのご連絡もお待ちしてます。