2019/02/23 01:18 JST

ニュースレター「[Geeklog]Geeklog 2.1.1 JP 1.0 公開」を配信

  • 投稿者:
  • 表示回数 917
ニュースレター ニュースレター「Geeklog 2.1.1 JP 1.0 公開」を配信しました。




------------------------------------------------------------
Geeklog Japan ニュースレター No.136
https://www.geeklog.jp
------------------------------------------------------------
1. Geeklog 2.1.1 JP 1.0公開
2. テーマ開発について
------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------
1. Geeklog 2.1.1 JP 1.0 公開
------------------------------------------------------------

UIkit標準搭載の2-1-1がリリースされ、日本語版を公開しました。

いよいよフロントエンドフレームワークを搭載。すぐに活用する
環境が整いました。

本家版ダウンロード:
https://www.geeklog.net/filemgmt/index.php/1157

日本語版 JP 1.0 ダウンロード:
https://github.com/Geeklog-jp/geeklog-japan/commits/Geeklog-2.1.1-JP-1.0
日本語版 JP 開発版 ダウンロード:
https://github.com/Geeklog-jp/geeklog-japan

DEMO 日本語
http://demo.geeklog.jp/

機能UP:

[Security] 404 errorsのlog パラメータと404のフィルタリングがerror.logで動くようになりました。
[Security] File Managerの demos と tests の WideImage に XSSがあったのを削除しました。
[Security] File Manager を version 2.2.0にアップデートしました。 (upload checkにセキュリティーの問題があったのを対応しました。)
[Security] コンフィギュレーションの値をサニタイジングオーバーホールド。
[Update] CKEditor to version 4.5.4
[Update] jQuery to version 1.11.3 と jQuery UI to version 1.11.4. jQuery Timepicker アドオンアップデート。
[Update] OAuth class をversion 1.141
[Feature] UIkit framework version 2.24.0 を Geeklogに追加しました。
[Feature] Denim テーマは UIkitを実装しました。
[Feature] テンプレートエラーを記録する管理者モードを追加しました。
[Feature] プラグインはdefaultテーマを持つことと、テーマ別にプラグインのテーマを持てるようになりました。cssもテーマにより変更できます。プラグインテンプレートも function.php でどのjavascriptをロードするかも制御できます。 [Tom]
[Feature] マシンリーダブルの Schema.orgに対応。見出し、投稿者、パンくずリストを適切なタグで記述。 テーマ Denim と Modern Curveに対応。 [Tom]
[Feature] アンケートプラグインのバーグラフはパーセンテージになり、RWDに対応します。 [Tom]
[Feature] 使いやすいテンプレートクラス。 [Tom]
[Feature] XMLSitemap プラグインは、記事作成時に Pingをサーチエンジンに対して打つことができるようになりました。 [Mystralkk]
[Feature] XMLSitemap プラグインは、専用APIを追加しました。 [Mystralkk]
[Feature] デフォルトの admin page は、moderation.phpから index.phpに変更しました。 [Dengen]
[Feature] 検索フォームの一部にアクセスできない不具合を修正しました。 [Dengen]
[Feature] メッセージ"Unfortunately, an error has occurred rendering this page."のローカライゼーションを行いました。 [Mystralkk]
[Feature] Pagination に rel=?next? と rel=?prev? を追加しました。 [Tom]
[Bug] Com_mailに、メールアドレスが登録されていないユーザの対応を追加しました。(Oauth users)
[Bug] キャッシュされた記事が表示できないケースがある問題に対応しました。
[Bug] これまでのLDAPは動かなくなっていましたが、かわりに あたらしく Simple_LDAP Authentication を実装しました。
[Bug] ブロックのコピー
[Bug] ハードコードされていたTLD ドメイン名チェックを削除しました。
[Bug] Geeklog Does Not Accept .website TLD [Mystralkk]
[Bug] インストールスクリプトの移行オプションは、コンフィギュレーションのcookiesecureを制御します。 [Dirk]
[Bug] 隠されていたコンフィギュレーションオプションの 'search_use_fulltext' 検索のコンフィギュレーションで選べるようになりました。 [Dengen]
[Bug] ブロックの編集でオプションがリセットされる不具合を修正しました。 [Dengen]
[Bug] 管理者が、ユーザーの編集画面でユーザーのパスワードを入力させられる不具合を修正しました。 [Dengen]
[Bug] ゲストユーザーが記事を投稿したときのパーミッションの不具合を修正しました。 [Dengen]
[Bug] dc: namespace missing RSS と RDF フィードの宣言の不具合を修正しました。 [Mystralkk]
[Bug] フィードヘッダのブランクを修正しました。 [Dirk]
注意:
1.8.2 以前のバージョンからアップグレードする場合は、サードパーティのプラグインがGeeklog 2.1.0に対応していることを事前に確認してください。 確認できない場合は、無効にするかアンインストールしたうえでアップグレードしてください。

詳しくは
https://www.geeklog.jp/article.php/geeklog-2-1-1


------------------------------------------------------------
2. テーマ開発について
------------------------------------------------------------

今回もテーマについて多くの機能アップ・修正が行われました。

UIkitが同梱されていつでも呼べる環境になり、デザイン面で大きな機能アップと
なりました。
その他、プラグインのテンプレートがテーマ別に持てるようになりました。

今回も多数の変更があります。詳しくは以下の記事をどうぞ。

https://www.geeklog.jp/article.php/geeklog-2-1-1-theme

テーマの詳細な変更のドキュメントはこちら。
https://www.geeklog.jp/docs/japanese/theme.html