Geeklog Documentation

Geeklogのコンフィギュレーション

コンフィギュレーション用ファイル

旧バージョンのGeeklogでは、主要な設定を網羅したconfig.php という巨大なファイルを使用していました。Geeklog 1.5.0では、設定の大部分をデータベースに記録し、ユーザーは管理者機能のコンフィギュレーション(Configuration)からアクセスできるようになりました。

技術上の理由で、ファイルに保存しなければならない設定もあります。次の2つです:

この2つのファイルはGeeklogをインストールするときに更新されるだけなので、ふつう、手動で編集する必要はありません。

コンフィギュレーションオプション

Geeklogのコンフィギュレーションオプションは以下のようにグループ分けされています。

サイト

サイト: サイト

項目(変数) デフォルト 説明
サイトのURL(site_url) http://www.example.com サイトのURLを指定します(最後にスラッシュ '/' をつけないでください。)。
管理画面のURL(site_admin_url) http://www.example.com/admin サイトの管理画面のURLを指定します(最後にスラッシュ '/' をつけないでください。)。手動で設定する必要はありませんが、一部のWebホスティングサービスでは(Geeklog以外の用途で)"admin"ディレクトリの場所が決められている場合があります。このような場合には、Geeklogのadminディレクトリの名前を変更して、それに応じて管理画面のURLを変えることで、ディレクトリ名の衝突を防ぐことができます。
サイト名(site_name) Geeklog Site サイトの名前を指定します。
スローガン(site_slogan) Another Nifty Geeklog Site サイトのスローガンを指定します。HTMLの<title>フィールドに追加されます。
サイト閉鎖用メッセージ(site_disabled_msg) 'Geeklog Site is down. Please come back soon.' Geeklogのサイトを一時的に閉鎖するときに表示するメッセージを指定します。メッセージが"http:"で始まる場合、サイトの訪問者はそのURLへリダイレクトされます。
注:実際にサイトを閉鎖するかどうかを決める設定は、siteconfig.phpファイルの中にあります。
管理者名(owner_name) このサイトの管理者の名前を入力します。これはcopyright表示がセットされた場合に表示されます。設定しない場合は、サイト名が使用されます。
Copyrightの年数設定(copyrightyear) (無効) サイトのフッターに表示するcopyrightの年を設定します。設定しない場合、現在の年が使われます。
URLリライト(url_rewrite) いいえ 「はい」でURLリライトを行い、「いいえ」で行わないようになります。
下記のURLリライトのセクションを参照してください。
CDNのjQueryを使う(cdn_hosted) いいえ 「はい」にすると、jQueryとjQuery UIのソースファイルをGoogleのCDNから読み込むようになります。
メタタグ(meta_tags) 無効にする
  • 「有効にする」 - 記事と話題用のメタタグが出力されます。メタタグが見つからない場合、デフォルトが使用されます。メタタグがない他のすべてのページでデフォルトが使用されます。
  • 「有効にする(トップページにのみデフォルトを使用する)」 - トップページに対してだけデフォルトを使用するという点を除いて、「はい」と同じです。
  • 「無効にする」 - メタタグを出力しません。
    サイトの説明文のメタタグ(meta_description) 'Geeklog, the open source content management system designed with security in mind.' サイトのdescriptionメタタグのデフォルトを指定します。
    キーワードのメタタグ(meta_keywords) 'Geeklog, Blog, Content Management System, CMS, Open Source, Security' サイトのkeywordsメタタグのデフォルトを指定します。

    サイト: メール

    項目(変数) デフォルト 説明
    サイトのメールアドレス(site_mail) admin@example.com サイト管理者のメールアドレスを指定します。
    No-Replyメールアドレス(noreply_mail) noreply@example.com ユーザー登録時などにGeeklogがメールを送る送信元アドレスを指定します。サイトのメールアドレスと同じにするか、スパム送信者がサイトに登録することで管理者のメールアドレスを知るのを防ぐために送信専用アドレスを指定してください(スパム送信者がこのアドレスにメールを送ってもエラーメールが返るだけです。)。このアドレスがサイト管理者のメールアドレスと同じでない場合、送信するメッセージに「このメールは自動送信されたものです。返信しないでください。」というメッセージが追加されます。
    メール設定(backend) mail メールの送信方法を選択します。'smtp'(SMTPプロトコルでメールサーバーと直接交信), 'sendmail'(オペレーティングシステムにインストールされているsendmailプログラム経由), 'mail'(PHPのmail()関数使用)のどれかを指定します。
    メール設定(sendmail_path) /usr/bin/sendmail 送信方法で'sendmail'を選択した場合に、sendmailバイナリへの完全なパスを指定します。
    メール設定(sendmail_args) '' (空白) 送信方法で'sendmail'を選択した場合に、sendmailに与える引数を指定します。
    メール設定(host) smtp.example.com 送信方法で'smtp'を選択した場合に、SMTPサーバーを指定します。
    メール設定(port) 25 送信方法で'smtp'を選択した場合に、SMTPサーバーのポート番号を指定します。
    メール設定(auth) 0 送信方法で'smtp'を選択した場合に、SMTPサーバーが認証を必要とするなら 1 に、必要としないなら、 0 (あるいは空白のまま)に設定します。
    メール設定(username) smtp-username 送信方法で'smtp'を選択した場合に、SMTPサーバーのアカウント名を指定します。
    メール設定(password) smtp-password 送信方法で'smtp'を選択した場合に、SMTPアカウントのパスワードを指定します。
    CC(カーボンコピー)を許可する(cc_enabled) はい 「はい」にすると、ユーザーが自分自身にCCメールを送信する機能を有効にします。
    CC(カーボンコピー)をデフォルトにする(cc_default) いいえ 「はい」にすると、メール送信画面で「自分宛にコピーを送信する」に最初からチェックが入るようになります。

    サイト: フィード

    Geeklogでは、記事の見出しを様々なフォーマット(RSS, RDF, Atom)でフィードとして出力できます。これにより、他のサイトと記事を共有できます。(ヒント:Geeklogサイトで他のサイトの記事のフィードを読み込むために、管理者のブロックメニューでポータルブロックを作成してください。)

    Geeklog 1.3.9以降、フィードは管理者メニュー(フィード)から作成・設定できます。以下の設定は、管理者メニューからフィードを新規作成するときの デフォルト としてのみ使用されます。

    項目(変数) デフォルト 説明
    フィードを有効にする(backend) はい 「はい」にすると、記事のRSSフィードをRDFファイルとして作成します。
    フィードの出力ファイル(rdf_file) 公開ディレクトリのパス + "/backend/geeklog.rss" RSSフィードファイルを置くファイルシステムのパスを指定します。このファイルを通じて、自分のサイトの記事を他人と共有できるようになります。このファイルはPHPから書込可能でなければなりません。
    フィードの最大数(rdf_limit) 10 RSSフィードに出力する記事の数を指定します。数字を設定すると、その数だけ記事が出力されます。数字の後に小文字のhをつけると(たとえば、24h)、公開後それだけの時間が経っていない記事しか出力しません(たとえば、24hにすると、公開後25時間経った記事は出力されません。)。
    フィードに含める記事の長さ(rdf_storytext) 0 1 にすると、記事の冒頭文全部がRSSフィードに出力されます。1 より大きな数字を指定すると、その字数分だけ冒頭文が出力されます(たとえば、80 と指定すると、冒頭文の最初の80文字だけがRSSフィードに出力されます。)。0 にすると、冒頭文はRSSフィードに出力されません。
    フィードの言語(rdf_language) en-gb RSSフィードの言語を指定します。サイトの言語とオペレーティングシステムにより、この値はロケールの設定(下記参照)と異なる値になることもあります。
    例: PHPでドイツ語のロケールは'de_DE'ですが、ドイツ語のRSSフィードを表す正しい設定は'de-DE'でしょう(アンダースコア("_"の代わりにダッシュ"-"を使う点に注意してください)。
    インポートする記事の最大数(syndication_max_headlines) 0 記事を(ポータルブロックに)インポートするときの記事の最大数を指定します。ブロックメニューでポータルブロックごとに設定することもできます。
    0 にするとすべての記事がインポートされます。
    記事のタグ(comment_feeds_article_tag)
    <p>[Original Article: <a href="%s">%s</a>%s%s]\n
    コメント用に記事を指定するタグを指定します:

    次の順序で4つの文字列(%s)が必要です:
    1. 記事のURL - 記事のURL
    2. 記事のタイトル - 記事のタイトル
    3. 記事の投稿者のタグ - コンフィギュレーションの「記事の投稿者のタグ(article_author_tag)」を評価した結果
    4. コメントの投稿者のタグ - コンフィギュレーションの「コメントの投稿者のタグ(comment_author_tag)」を評価した結果

    このタグはPHPのsprintfコマンドを用いて表示するため、それぞれの項目は %s で示されています。最後の2つのタグのうちいずれかを空白にするなら、コンフィギュレーションで「記事の投稿者のタグ」や「コメントの投稿者のタグ」を空白にしてください。
    記事のタグの位置(comment_feeds_article_tag_position) 最後(end) コメント本体内で記事のタグの表示位置を指定します。指定できるのは「最初(start)」、「最後(end)」、「なし(none)」です。
    記事の投稿者のタグ(comment_feeds_article_author_tag) (空白) 記事投稿者のプロフィール・名前を表示するリンクを表すタグを指定します。このタグはコンフィギュレーションの「記事のタグ」内で使用されます。したがって、記事投稿者の情報を表示したくない場合は空白にしてください。表示する場合は、たとえば、
     記事の投稿者: <a href="%s">%s</a>
    と指定します。
    コメントの投稿者のタグ(comment_feeds_comment_author_tag)
    , Comment By: <a href="%s">%s</a>
    コメント投稿者のプロフィール・名前を表示するリンクを表すタグを指定します。このタグはコンフィギュレーションの「記事のタグ」内で使用されます。したがって、コメント投稿者の情報を表示したくない場合は空白にしてください。

    サイト: パス

    項目(変数) デフォルト 説明
    HTMLパス(path_html) /path/to/geeklog/public_html/ Geeklogの公開領域のパスを指定します(最後のスラッシュ '/'が必要です。)。このディレクトリ内にGeeklogが使用するWebページがすべて格納されます。
    ログ(path_log) /path/to/geeklog/logs/ ログファイルを保存するパスを指定します。
    言語(path_language) /path/to/geeklog/language/ Geeklogの言語ファイルのパスを指定します。
    バックアップ(backup_path) /path/to/geeklog/backups/ mysqldump(下記参照)がデータベースのバックアップを保存するパスを指定します。
    データ(path_data) /path/to/geeklog/data/ データディレクトリのパスを指定します。
    画像(path_images) /path/to/geeklog/public_html/images/ ユーザーの写真や記事の写真を含めて、画像ファイルを置くディレクトリのパスを指定します。
    アドバンストエディター(path_editors) /path/to/geeklog/public_html/editors/ WYSIWYGエディタのあるディレクトリを指定します。

    サイト: PEAR

    項目(変数) デフォルト 説明
    PEARをインストールしている(have_pear) いいえ(false) PEARを独自にサーバーにインストールしているかどうかを指定します。「いいえ」にすると、Geeklogは$_CONF['path_pear'](下記参照)に同梱されているPEARパッケージを使用します。
    PEARのパス(path_pear) /path/to/geeklog/system/pear/ 上記の「PEARをインストールしている」が「いいえ」のとき、Geeklogが必要とするPEARパッケージ(メール送信時のPEAR::Mailなど)を探すパスを指定します。

    サイト: MySQL

    名前が示すように、以下の設定が意味を持つのはサイトをMySQLで運用しているときだけです。PostgreSQLやMicrosoft SQL Serverで運用しているときには無視されます。

    項目(変数) デフォルト 説明
    MySQLのダンプを許可する(allow_mysqldump) はい 「はい」にすると、管理者によるバックアップを有効にします。
    mysqldump のパス(_DB_mysqldump_path) /usr/bin/mysqldump データベースのバックアップを取るためのmysqldump(.exe)ユーティリティ(MySQLに含まれている)の完全なパスを指定します。Microsoft Windowsの場合は、c:/mysql/bin/mysqldump.exeのように、パスに.exeを含める必要があります。
    mysqldump のオプション(mysqldump_options) -Q データベースのバックアップを取るために、mysqldump を呼び出すときのオプションの引数を指定します。
    バックアップファイル名(mysqldump_filename_mask) geeklog_db_backup_%Y_%m_%d_%H_%M_%S.sql バックアップファイル名のひな形です。date formatsを参照してファイル名を作成します。

    サイト: 検索

    項目(変数) デフォルト 説明
    検索結果表示スタイル(search_style) Google 検索結果表示のスタイルを指定します。「Google風」もしくは「テーブルレイアウト」を選択できます。
    表示件数の選択肢(search_limits) 10,15,25,30 検索フォームで表示される1ページ内の表示件数を指定します。値はカンマ(,)で区切って下さい。
    表示件数のデフォルト(num_search_results) 30 表示件数のデフォルトを指定します。「表示件数の選択肢」で指定した数値のうちの1つでなければなりません。
    表示件数の選択肢を表示する(search_show_limit) はい 「はい」にすると、検索フォームでユーザーが1ページあたりの結果表示件数を選択できるメニューを表示します。
    ユーザーに並べ替えを許可する(search_show_sort) はい 検索結果表示で「テーブルレイアウト」を選択している場合のみ有効です。列ごとに並び替えができるようにボタンを表示するかどうかを指定します。
    検索順の番号を表示する(search_show_num) はい 「はい」にすると、検索結果表示で検索順の番号を表示します。
    タイプを表示する(search_show_type) はい 「はい」にすると、検索結果でプラグイン名を表示します。
    グループのセパレータ(search_separator) &gt; (前後に空白) 検索結果表示でタイプとサブグループを隔てるセパレータ(文字・記号)を指定します。
    検索条件のデフォルト(search_def_keytype) 完全一致 検索条件のデフォルトを指定します:
    • 'すべてのキーワードを含む(all)': すべてのキーワードが含まれているページ。
    • 'いずれかのキーワードを含む(any)': いずれかのキーワードを含むページ。
    • '完全一致(phrase)': 検索キーワードが同じ順(フレーズ)ですべて含まれているページ。(デフォルト)
    並べ替え基準のデフォルト(search_def_sort) 表示回数(降順) 検索結果を表示する並べ替え基準のデフォルトを指定します。

    記事とトラックバック

    記事とトラックバック: 記事

    項目(変数) デフォルト 説明
    記事に配置する画像の最大数(maximagesperarticle) 5 1つの記事に配置できる画像の最大数を指定します。
    1ページあたりの記事の表示数(limitnews) 10 インデックスページに表示される記事の件数を指定します。過去の記事ブロックにも同数の記事が表示されます。
    記事の最小表示件数(minnews) 1 話題のページに表示される記事の最小数を指定します。
    所有者を表示する(contributedbyline) はい 「はい」にすると、記事を書いた人のユーザー名を表示し、そのユーザー名による検索を許可します。
    表示回数を表示しない(hideviewscount) いいえ 「はい」にすると、記事の表示回数を表示します。
    メールアイコンを表示しない(hideemailicon) いいえ 「はい」にすると、メールで記事を送る機能が無効になり、記事のメールアイコンと記事オプションの「友だちに記事をメールする」リンクが表示されなくなります。
    印刷アイコンを表示しない(hideprintericon) いいえ 「はい」にすると、記事を印刷用のフォーマットで表示する機能が無効になり、記事の印刷アイコンと記事オプションの「印刷用ページ」リンクを表示しません。
    改ページの使用を許可する(allow_page_breaks) はい 「はい」にすると、記事の中で [page_break] タグが使えるようになり、記事を複数ページに分けることができるようになります。
    改ページ時のコメント表示位置(page_break_comments) 最後のページ 記事の中で [page_break] タグが許可されている場合(上記参照)、記事のコメントの表示位置を指定します。「最後のページ」は、記事の最後のページのみに表示、「最初のページ」は、最初のページのみに表示、「各ページ」は、すべてのページに表示します。
    話題アイコンの表示位置(article_image_align) 記事のどちら側に話題アイコンを表示するかを指定します。
    話題アイコン表示のデフォルト(show_topic_icon) はい 「はい」にすると、新規記事とユーザーによる投稿の際にデフォルトで話題アイコンを表示するようになります。
    ドラフトモードをデフォルトにする(draft_flag) いいえ Story Adminが作成する新規記事のデフォルトを指定します。「はい」なら記事のドラフト(草稿)フラグをセットし、「いいえ」ならセットしません。
    トップページ配置をデフォルトにする(frontpage) いいえ 新規記事とユーザーによる投稿の際のデフォルトを指定します。「はい」なら記事をサイトのトップページに表示し、「いいえ」なら表示しません(話題のページにのみ表示します)。この設定はアーカイブに指定された記事には適用されず、記事がトップページに表示されることもありません
    記事がない場合のメッセージを表示しない(hide_no_news_msg) いいえ 「はい」なら「記事がありません」を表示しません(記事がまだ投稿されていない話題を選んだときなど。)。
    ページナビゲーションを表示しない (hide_main_page_navigation) いいえ 「はい」にすると、index.php、つまり、サイトのトップページとすべての話題でページナビゲーションが表示されなくなります。この動作はより高度なレイアウトを実現するのには役立ちますが、訪問者が古い記事を読むのが難しくなります。
    Rootユーザーだけが注目記事を設定する(onlyrootfeatures) いいえ 「はい」にすると、Rootユーザーしか注目記事を設定できなくなります。Story Adminが複数いて、他のStory Adminがアクセスできない記事を注目記事にした場合、他のStory Adminにはその記事が見えないため、自分の記事を注目記事にしても大丈夫だと思ってしまいます。Story Adminによるこのような注目記事の取り合いを防ぐため、すべての記事を見ることができるユーザー、つまり、Rootユーザーのみが注目記事を設定できるようにした方がよいでしょう。
    記事保存後の画面遷移(aftersave_story) 一覧を表示 記事を保存した後、どのページに移動するかを指定します。
    • 作成したページを表示する: 作成した記事を表示します。
    • 一覧を表示する: 記事一覧を表示します。
    • ホームを表示する: サイトのHomeページ(トップページ)を表示します。
    • 管理画面のトップを表示する: 管理画面を表示します。
    注意: 記事を投稿する場合、このオプションは無視されます。承認待ちの記事を編集すると、常に承認待ち一覧(つまり、管理画面)へ戻ります。
    関連話題(related_topics) 記事のページにのみ表示する 関連する話題を「記事のページにのみ表示する」か「記事と話題の両方で表示する」か「表示しない」かを指定します。
    表示する関連話題の最大数(related_topics_max) 6 関連する話題を最大でいくつまで表示するかを指定します。0 を指定すると、すべての関連する話題を表示します。
    関連情報(whats_related) 有効にする 記事の関連情報を有効にするかどうかを指定します。有効にする場合は、「有効にする (リンクなし)」や「有効にする (外部リンクなし)」も指定できます。
    表示する関連情報の最大数(whats_related_max) 0 記事の関連情報に表示するアイテムの最大数を指定します。0 を指定するとすべての関連情報を表示します。最小値は2です。
    関連情報のタイトルの最大長(whats_related_trim) 26 関連情報に表示するタイトルの最大長を指定します。0 を指定するとタイトルを切り詰めずに表示します。このオプションを変更すると、データベースに保存されている記事のすべての関連リンクが更新されます。
    記事のキャッシュ期間のデフォルト(default_cache_time_article) 0 記事をキャッシュする期間のデフォルトを指定します。可能な値は:
    • 1 以上 = この秒単位の間、キャッシュを再生成せずに表示します。(訳注)データベースにアクセスしないため、表示速度は速くなりますが、記事を更新しても表示には反映されません。
    • 0 = キャッシュしません。記事は常にデータベースから生成されます。
    • -1 = 常にキャッシュし、エディターで記事を更新・保存した場合に限り、キャッシュを再生成します。

    記事とトラックバック: トラックバック

    項目(変数) デフォルト 説明
    トラックバックを有効にする(trackback_enabled) はい はいにすると、トラックバックが有効になります。この設定はトラックバックの送信・受信の両方に適用されます。
    新着記事のデフォルト(trackback_code) トラックバックを受け付ける 新着記事のデフォルトを設定します。
    トラックバックの間隔制限(trackbackspeedlimit) 300(秒) 同一IPから2回目のトラックバック/ピングバックを受け取ることが可能になるまでの時間を指定します(単位:秒)。
    トラックバックの検査(check_trackback_link) 完全なURLを検査する トラックバックの有効性をチェックする方法を指定します。トラックバック中に含まれるURLが自分のサイトへのバックリンクを実際に含んでいるかチェックできます(含んでいない場合はスパムでしょう)。また、トラックバックが適切なIPアドレス、すなわち、トラックバックURL中のサイトのIPアドレスから送信されたものかどうかチェックできます(IPアドレスが一致しない場合はスパムでしょう)。
    1. 何も検査しない - 検査を行いません。
    2. サイトのURLを検査する - サイトのベースURL($_CONF['site_url'])しか検査しません。
    3. 完全なURLを検査する - サイトのアイテム(たとえば、記事)の完全なURLが含まれているか検査します。
    4. サイトのURLと完全なURLを検査する - 上記2.と3.を併せて検査します。
    5. IPアドレスとサイトのIPアドレスを検査する - トラックバック送信者のIPアドレスとトラックバックURLで参照されているサイトのIPアドレスを照合します。
    6. IPアドレスとサイトのURLを検査する - 上記2.と5.を併せて検査します。
    7. IPアドレスと完全なURLを検査する - 上記3.と5.を併せて検査します。
    8. IPアドレス、完全なURL、サイトのURLを検査する - 上記2., 3., 5.を併せて検査します。
    マルチプルトラックバック(multiple_trackbacks) 拒否する 同一発信元から複数のトラックバックとピングバックを受け取った場合の処理を指定します。
    • 拒否する - 最初のトラックバック/ピングバックのみを保存し、残りは無視します。
    • 最後に送信されたものだけ保持する - 上書きする、つまり、最新のトラックバック/ピングバックのみを保存します。
    • 複数送信を許可する - すべて許可します。

    記事とトラックバック: ピングバック

    項目(変数) デフォルト 説明
    ピングバックを有効にする(pingback_enabled) はい 「はい」にすると、ピングバックを有効にします。この設定はピングバックの送信・受信の両方に適用されます。
    ピングバックを要約する(pingback_excerpt) はい トラックバックと違い、ピングバックにはリンク元サイトの記事の要約を含んでいません。「はい」にすると、Geeklogはピングバックを送信してきたサイトのバックリンクを探し、リンク周辺の文章を抜き出してピングバックの要約として使用します。
    自身へピングバックする(pingback_self) スキップする ピングバックは記事内でリンクされているすべての URLに自動的に送信されます。このURLには自分のサイトも含まれます。この設定は自分のサイトへのピングバックの処理法を指定します。
    • スキップする - ピングバックをスキップします。つまり、自分のサイトへはピングバックを送信しません。
    • 許可する(間隔制限あり) = ピングバックを許可しますが、間隔制限に従います。
    • 許可する(間隔制限なし) = ピングバックを許可し、間隔制限を無視します。

    記事の中に自分のサイトの他の記事に対する複数のリンクがある場合、「許可する(間隔制限あり)」はあまり役に立たないでしょう。1番目のリンクへはピングバックを送信できますが、残りは間隔制限に引っかかるからです。
    更新ピングを有効にする(ping_enabled) はい 「はい」にすると、Technoratiなどのブログディレクトリサービスに更新ピングを送る機能が有効になります。

    テーマ

    テーマ: テーマ

    項目(変数) デフォルト 説明
    テーマ(theme) Modern Curve サイトで使用するテーマのデフォルトを指定します。
    DOCTYPE宣言(doctype) HTML 4.01 Strict サイトのすべてのテーマのheader.thtmlDOCTYPE宣言(別名 DOCTYPE、DTD)を指定するテーマ変数{doctype}を指定できます。
    メニュー項目(menu_elements) contribute, search, stats, directory, plugins どのメニュー項目をサイトのメニューバー(グローバルメニュー)に表示するかを指定します(使用するテーマにメニューバーを表示するための{menu_elements}テンプレート変数が使用されている場合)。home(トップページ), contribute(記事投稿), search(検索), stats, directory(記事一覧) , login, prefs(マイアカウント), plugins(プラグイン), custom(カスタム)を好きな数だけ好きな順序で組み合わせることができます。plugins(プラグイン)は{plg_menu_elements}テンプレート変数と同じで、各プラグインが提供するメニュー項目です。custom(カスタム)はCUSTOM_menuEntriesカスタム関数が返すメニュー項目です(詳細はlib-custom.phpを参照してください。)。
    テンプレートをキャッシュする(cache_templates) はい 「はい」にすると、すべてのテンプレートをキャッシュし、サイトの速度向上に役立ちます。しかし、場合によってはキャッシュすることで 速度が遅くなることもあります。Webサーバーのディスクアクセス速度が遅い場合や Windowsで共有ドライブにアクセスしている場合です。 このような場合には「いいえ」にするとサイトの速度が向上するでしょう。

    テーマ: テーマの拡張設定

    項目(変数) デフォルト 説明
    右ブロックを常に表示する(show_right_blocks) いいえ 「はい」にすると、トップページだけでなくすべて のページで右ブロックを表示します。
    最初の記事を注目記事として表示する(showfirstasfeatured) いいえ 「はい」にすると、どの ページであれ、注目記事にされているかどうかにかかわらず、最初の記事を注目記事にします。たとえば、ある話題を選択したときの2ページであっても、この設定は適用されます。
    テンプレートコメントを表示する(template_comments) いいえ 各テンプレートには({# #}で囲まれる)テンプレート制作者のコメントが含まれていますが、ブラウザーに表示する前に取り除かれます。「はい」に設定すると、{# と #} がそれぞれ <!-- と --> のHTMLコメントに変換されてブラウザーに送り出されます。さらに、 Rootユーザーがtemplateクラスのdebugを有効にしている場合、テンプレートの最初と最後に Webサーバー上におけるテンプレートの物理パスが出力されるようになります。 どのテンプレートがどのアイテムの表示を制御しているか突き止めたい場合や、 新しいテーマを開発する時にこの機能は役に立ちます。 「いいえ」にすると、ブラウザーに出力する前にコメントは削除されます。

    ブロック

    ブロック: 管理者ブロック

    項目(変数) デフォルト 説明
    リンクを並べ替える(sort_admin) いいえ 「はい」にすると、管理者ブロック中の項目と管理画面(moderation.php)のアイコンがアルファベット順に並べ替えられます。
    ドキュメントのリンクを表示する(link_documentation) はい 「はい」にすると、管理者ブロックにGeeklog「ドキュメント」のリンクを表示します。
    バージョン確認のリンクを表示する(link_versionchecker) はい 「はい」にすると、管理者ブロックに「GLバージョン確認」のリンクが追加され、最新のGeeklogをインストールしているかどうかを簡単にチェックできるようになります。
    注: このリンクはRootユーザーにしか表示されません。

    ブロック: 話題ブロック

    項目(変数) デフォルト 説明
    話題の並べ替え(sortmethod) アルファベット順 アルファベット順 = 話題をアルファベット順に並べ替えるか、
    番号順 = 話題を番号順に並べ替えるかを指定します。
    記事数を表示する(showstorycount) はい 「はい」にすると、セクションブロックに記事数を表示します。
    承認待ちの記事数を表示する(showsubmissioncount) はい 「はい」にすると、セクションブロックに承認待ちの記事数を表示します。
    Homeへのリンクを表示しない(hide_home_link) いいえ 「はい」にすると、セクションブロックに"Home"(トップページ)のリンクを表示しません。

    ブロック: オンラインユーザーブロック

    項目(変数) デフォルト 説明
    セッションのしきい値(whosonline_threshold) 300 オンラインユーザーブロックに表示された後、ユーザーがどれくらいの間操作をしないとオンラインユーザーブロックに表示されなくなるかを決める秒単位を指定します。
    ゲストユーザーに表示しない(whosonline_anonymous) いいえ 「はい」にすると、ゲストユーザーに見えるのはオンライン中の登録メンバーの数だけで、名前は表示されません。ログインしたユーザーだけがオンライン中の他のユーザーの名前を見ることができます。
    写真のサムネイルを表示する(whosonline_photo) いいえ 「はい」にするとユーザーの写真があれば写真のサムネイルが表示され、なければ写真アイコンが表示されます。

    ブロック: 新着情報ブロック

    項目(変数) デフォルト 説明
    記事を"新着"とする期間(newstoriesinterval) 86400 記事を新着情報ブロックに表示する期間を秒単位で指定します。(86400 = 24時間)
    コメントを"新着"とする期間(newcommentsinterval) 172800 コメントを新着情報ブロックに表示する期間を秒単位で指定します。(172800 = 秒 48時間)
    トラックバックを"新着"とする期間(newtrackbackinterval) 172800 トラックバックを新着情報ブロックに表示する期間を秒単位で指定します。(172800 = 48時間)
    記事の新着表示をしない(hidenewstories) いいえ 「はい」にすると、新着情報ブロックに新着記事を表示しません。
    コメントの新着表示をしない(hidenewcomments) いいえ 「はい」にすると、新着情報ブロックに新着コメントを表示しません。
    トラックバックの新着表示をしない(hidenewtrackbacks) いいえ 「はい」にすると、新着情報ブロックに新着トラックバックを表示しません。
    プラグインの新着表示をしない(hidenewplugins) いいえ 「はい」にすると、新着情報ブロックにプラグインから渡される新着データを表示しません。
    タイトル最大長(title_trim_length) 20 新着ブロックに表示するタイトルの最大文字数を指定します。
    キャッシュ期間の最大値(whatsnew_cache_time) 3600 新着情報ブロックをキャッシュする期間の最大値を秒単位で指定します。0 にすると、キャッシュしません。

    ユーザーと投稿

    ユーザーと投稿: ユーザー

    項目(変数) デフォルト 説明
    新規ユーザー登録を停止する(disable_new_user_registration) いいえ 「はい」にすると、新規ユーザーの登録ができなくなります。
    テーマ選択を許可する(allow_user_themes) はい 「はい」にすると、ユーザーはサイトのテーマを選択できるようになります。
    言語選択を許可する(allow_user_language) はい 「はい」にすると、ユーザーはサイトのナビゲーションに使う言語を選択できるようになります。
    写真登録を許可する(allow_user_photo) はい 「はい」にすると、ユーザーは自分のプロフィール用の写真をアップロードできるようになります。
    ユーザー名変更を許可する(allow_username_change) いいえ 「はい」にすると、ユーザーはユーザー名(ログイン名)を変更できるようになります。古いユーザー名で投稿された記事やコメントは自動的に新しいユーザー名で表示されます。
    アカウント削除を許可する(allow_account_delete) いいえ 「はい」にすると、ユーザーは自分のアカウントを削除できるようになります。削除しても、以前に投稿した記事とコメントは残されますが、「ゲストユーザー(Anonymous)」と表示されるようになります。
    所有者の非表示を許可する(hide_author_exclusion) いいえ 「はい」にすると、マイアカウントのコンテンツ設定で「投稿者の除外」が表示されなくなります。
    ユーザー名の代わりに氏名を表示する(show_fullname) いいえ 「はい」にするとユーザーのフルネームを表示し、「いいえ」にするとユーザー名しか表示しません。フルネームを入力していない場合は常にユーザー名が表示されます。
    サービス名を表示する(show_servicename) はい 「はい」にすると、LDAPやLiveJournalなどのリモートサービスのアカウントでログインを許可している場合、ローカルアカウントとの混同を避けるため、ユーザー名にサービス名が付加されて表示されるようになります。「いいえ」にすると、サービス名は付加されません。
    カスタム登録を有効にする(custom_registration) いいえ 「はい」にすると、新規ユーザー登録の際、管理者が用意した独自のフォームが表示されます。フォームの具体例は、Geeklogに同梱されているlib-custom.phpを参照してください。
    ログイン方法[standard](user_login_method_standard) はい 通常のログイン方法、つまり、サイトのデータベースにしか登録されてないユーザーアカウントでログインを許可するかどうかを指定します。
    ログイン方法[openid](user_login_method_openid) いいえ OpenIDを使用したログインを許可するかどうかを指定します。「はい」にすると、通常のログイン入力欄の下に特別なOpenIDログイン用の入力欄が表示されます。
    注: 現在サポートされているのは OpenID 1.1 だけです。
    ログイン方法[3rdparty](user_login_method_3rdparty) いいえ 「はい」にすると、外部サービスに既にアカウントを持っているユーザーがそのアカウント使ってGeeklogにログインできるようになります。現在サポートされているのは、LDAPとLiveJournalです。
    特定のサービスを使ってログインできるようにするには、そのサービス用の認証クラスがsystem/classes/authenticationに必要です。したがって、LDAPを用いたログインは許可するがLiveJournalを用いたログインは禁止したいという場合、単に不要なサービスの認証クラスを削除するだけでよいのです。詳細は、Geeklogにおけるリモート認証(Remote Authentication in Geeklog)を参照してください。
    ログイン方法[oauth](user_login_method_oauth) いいえ OAuthによるログインを許可するかどうかを設定します。「はい」にすると、通常のログインフォームの下にOAuthログインが表示されます。
    注:現在はOAuth 1.0, 2.0をサポートしています。現在サポートしているのは、Facebook、Twitter、LinkedIn, Google, Microsoft, Yahooです。
    特定のログイン方法を有効にするには、system/classes/oauthに認証のクラスが必要です。あなたがもしFacebookのみで、Twitterだけにしたければ(逆もまた同様)、単に 欲しくないクラスのファイルを削除するか、以下の設定オプションを使用してください。また、以下の設定オプションで正しいCosumer KeyとConsumer Secretも設定しなければなりません。PHPのOpenSSL拡張を有効にする必要があります。
    さらに詳しい情報はWiki OAuth pageを参照してください。
    FacebookのOAuthを有効にする(facebook_login) いいえ 「はい」にすると、Facebookのアカウントを用いてGeeklogにOAuthでログインできるようになります。管理者はFacebookのConsumer KeyとConsumer Secretを取得して設定しなければなりません。
    Facebook OAuth Application ID(facebook_consumer_key) Facebook OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してkeyとsecretを取得するには、Facebook Developers pageを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    Facebook OAuth Application Secret(facebook_consumer_secret) Facebook OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してkeyとsecretを取得するには、Facebook Developers pageを参照してください。
    より詳しい情報は、Wiki OAuth pageまで。
    LinkedInのOAuthを有効にする(linkedin_login) いいえ 「はい」にすると、LinkedInのアカウントを用いてGeeklogにOAuthでログインできるようになります。管理者はLinkedInのConsumer KeyとConsumer Secretを取得して設定しなければなりません。
    LinkedIn OAuth API Key(linkedin_consumer_key) LinkedIn OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してAPI KeyとSecret Keyを取得するには、LinkedIn Developers pageを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    LinkedIn OAuth Secret Key(linkedin_consumer_secret) LinkedIn OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してAPI KeyとSecret Keyを取得するには、LinkedIn Developers pageを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    TwitterのOAuthを有効にする(twitter_login) いいえ 「はい」にすると、Twitterのアカウンを用いてGeeklogにOAuthでログインできるようになります。管理者はTwitterのConsumer KeyとConsumer Secretを取得して設定しなければなりません。
    Twitter OAuth Consumer Key(twitter_consumer_key) Twitter OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してconsumer Keyとsecretを取得するには、Twitter Application pageを参照してください。
    より詳しい情報は、Wiki OAuth pageまで。
    Twitter OAuth Consumer Secret(twitter_consumer_secret) Twitter OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してConsumer KeyとConsumer Secretを取得するには、Twitter Application pageを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    google_login いいえ 「はい」にすると、Googleのアカウントを用いてGeeklogにOAuthdeでログインできるようになります。 管理者はTwitterのConsumer KeyとConsumer Secretを取得して設定しなければなりません。
    google_consumer_key Google OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してConsumer KeyとConsumer Secretを取得するには、Google Developers Consoleを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    google_consumer_secret Google OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してConsumer KeyとConsumer Secretを取得するには、Google Developers Consoleを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    microsoft_login いいえ 「はい」にすると、Microsoftのアカウントを用いてGeeklogにOAuthdeでログインできるようになります。 管理者はMicrosoftのConsumer KeyとConsumer Secretを取得して設定しなければなりません。
    microsoft_consumer_key Microsoft OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してConsumer KeyとConsumer Secretを取得するには、Microsoft Seller Dashboardを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    microsoft_consumer_secret Microsoft OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してConsumer KeyとConsumer Secretを取得するには、Microsoft Seller Dashboardを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    yahoo_login いいえ 「はい」にすると、Yahooのアカウントを用いてGeeklogにOAuthdeでログインできるようになります。 管理者はYahooのConsumer KeyとConsumer Secretを取得して設定しなければなりません。
    yahoo_consumer_key Yahoo OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してConsumer KeyとConsumer Secretを取得するには、Yahoo Developer pageを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    yahoo_consumer_secret Yahoo OAuthログインを有効にする場合に入力してください。アプリケーションを作成してConsumer KeyとConsumer Secretを取得するには、Yahoo Developer pageを参照してください。
    さらに詳しい情報は、Wiki OAuth pageを参照してください。
    ユーザー保存後の画面遷移(aftersave_user) 作成したページを表示する ユーザーがデータを保存した後、どのページに移動するかを指定します。
    • 作成したページを表示する: ユーザーのプロフィーを表示します。
    • 一覧を表示する: ユーザー一覧を表示します。
    • ホームを表示する: サイトのトップページを表示します。
    • 管理画面のトップを表示する: 管理画面を表示します。

    ユーザーと投稿: Spam-X

    項目(変数) デフォルト 説明
    Spam-X(spamx) 128 スパムを検出した場合のSpam-Xプラグインの動作を指定します。実行するSpam-Xモジュールを表すユニーク値の和を指定します。たとえば、「スパム削除」は128、「管理者にメールで通知」は8なので、両方の動作を行わせるには 128 + 8 = 136 を指定します。

    ユーザーと投稿: ログイン

    項目(変数) デフォルト 説明
    最終のログインを記録する(lastlogin) はい 「はい」にすると、ユーザーが前回ログインした時間をシステムに記録します。
    すべてにログインを必要とする(loginrequired) いいえ 「はい」にすると、以下の設定すべてよりも優先され、サイトのどの 部分にアクセスするにもログインが必要になります。特定の部分しかアクセス制御が必要でないなら、「いいえ」にして、以下の項目で個別に設定するとよいでしょう。
    投稿にログインを必要とする(submitloginrequired) いいえ 「はい」にすると、登録ユーザーしか記事や(リンク・カレンダーなどの)プラグインが管理する項目に投稿できなくなります。
    コメント投稿にログインを必要とする(commentsloginrequired) いいえ 「はい」にすると、登録ユーザーしかコメントを投稿できなくなります。
    統計の参照にログインを必要とする(statsloginrequired) いいえ 「はい」にすると、登録ユーザーしかサイト情報にアクセスできなくなります。
    検索にログインを必要とする(searchloginrequired) いいえ 「はい」にすると、登録ユーザーしか高度な検索を行えなくなります。2 にすると、ゲストユーザーは一切検索できなくなります。
    プロフィールの表示にログインを必要とする(profileloginrequired) いいえ 「はい」にすると、登録ユーザーしか他のユーザーのプロフィールを閲覧できなくなります。
    メールの送信にログインを必要とする(emailuserloginrequired) いいえ 「はい」にすると、登録ユーザーしか他のユーザーにメールを送信できなくなります。
    記事メール送信にログインを必要とする(emailstoryloginrequired) いいえ 「はい」にすると、登録ユーザーしか「友だちに記事を送信する」機能を使用できなくなります。
    記事一覧表示にログインを必要とする(directoryloginrequired) いいえ 「はい」にすると、登録ユーザーしか「記事一覧」機能を使用できなくなります。
    パスワードの取得制限間隔(passwordspeedlimit) 300 新しいパスワードを要求する間隔の最小値を秒単位で指定します。
    ログイン試行最大回数(login_attempts) 3 下記のログイン試行制限間隔が発動してログインが一時的に不可能になるまでのログイン試行回数の最大値を指定します。
    ログイン試行制限間隔(login_speedlimit) 300 上記のログイン試行回数の制限を超えてログインに失敗した場合、次にログインが可能になるまでの待ち時間を秒単位で指定します。
    パスワードのハッシュアルゴリズム(pass_alg) sha1 ハッシュアルゴリズムは一般的な方法を採用しています。選択可能なオプションは、 md5sha1sha256sha512blowfishです。 sha1は最も多くのPHPのバージョンでサポートされており、blowfish は最も安全と考えられています。
    ハッシュストレッチカウント(pass_stretch) 4096 ハッシュストレッチカウントをセットします。0より大きい数字でなければなりません。詳しくは wikipedia articleを参照してください。
    (訳注)大きいほど安全ですが、Webサーバーに負荷がかかります。

    ユーザーと投稿: ユーザーによる投稿

    項目(変数) デフォルト 説明
    ユーザーの登録を審査する(usersubmission) いいえ 「はい」にすると、ユーザーの登録申請は管理者による承認待ちの状態になります。「いいえ」にすると、承認なしで即座に登録されます。
    自動的に許可するドメイン(allow_domains) 上記の「ユーザーの登録を審査する」を有効にした場合でも、このドメインリスト(コンマで区切る)から登録申請したときには承認待ちの状態にならず、即座に承認されます。ドメイン名に正規表現も使えます。
    例: mycompany.com と myothercompany.com を許可します。 mycompany.com,myothercompany.com
    自動的に拒否するドメイン(disallow_domains) 上記の「自動的に許可するドメイン」の逆で、このリストに含まれるドメインのユーザーは、上記の「ユーザーの登録を審査する」の設定にかかわらず、自動的に拒否されます。ドメイン名に正規表現も使えます。
    例: somebaddomain.com と .edu ドメインのすべてを拒否します。 somebaddomain.com,\.edu$

    ユーザーと投稿: 投稿設定

    項目(変数) デフォルト 説明
    記事の投稿を審査する(storysubmission) はい 「はい」にすると、ユーザーが投稿した記事は管理者による承認待ちの状態になります。「いいえ」にすると、すぐに掲載されます。
    ドラフト記事の一覧を表示する(listdraftstories) いいえ 「はい」にすると、管理者画面(moderation.php)にドラフト記事の一覧が表示します。
    投稿モードのデフォルト(postmode) テキスト 投稿モードのデフォルトを「HTML」、「テキスト」、「Wikiスタイル」の中から指定します。
    投稿間隔の制限(speedlimit) 45 投稿と投稿の間に最小限空けなければならない間隔を秒単位で指定します。サービス妨害攻撃(DoS)を防ぐのに役立ちます。
    プレビューしないで投稿する(skip_preview) いいえ 「はい」にすると、記事やコメントをプレビューなしで投稿することが可能になります。
    アドバンストエディターを使用する(advanced_editor) いいえ 「はい」にすると、記事・コメント・静的ページを編集するときにWYSIWYGエディターを使えるようになります。GeeklogにはCKEditorが同梱されています。
    アドバンストエディター名(advanced_editor_name) CKEditor 使用するアドバンストエディター名を指定します。
    Wikiテキストエディターを使用する(wikitext_editor) いいえ 「はい」にすると、記事編集時にwiki構文を使えるようになり、記事エディターの投稿モードにwiki構文が追加されます。この機能は、PEAR::Text_Wikiパッケージを用いて実装されています。

    ユーザーと投稿: コメント

    項目(変数) デフォルト 説明
    コメントの投稿間隔の制限(commentspeedlimit) 45 ユーザーがコメントを連続して投稿する際に最低限空けなければならない間隔を秒単位で指定します。
    表示件数(comment_limit) 100 一度に表示するコメントの最大数を指定します。
    表示モード(comment_mode) 入れ子 コメントの表示方法として、「ツリー」、「一覧」、「入れ子」、「表示しない」の中から指定します。
    表示する順序(comment_order) 古いものから コメントを表示する順序を「古いものから」か「新しいものから」で指定します。
    新規作成時のデフォルト(comment_code) コメント機能を有効にする 新規記事に対するコメント機能の有効・無効の初期値を指定します。
    コメントの編集を許可する(comment_edit) いいえ 「はい」にすると、コメント編集権限を持つユーザーあるいは管理者がコメントを編集できるようになります。
    承認待ちリストに入れる(commentsubmission) いいえ 「はい」にすると、コメントを承認待ちリストに入れます。
    コメントの編集時間(秒) (comment_edittime) 1800 コメント編集権限を持ったユーザーが、コメント投稿後、コメントを編集できる期間を秒単位で指定します。ゲストユーザーは編集できません。
    自動的にコメントの受付を停止(デフォルト)(article_comment_close_enabled) はい 「はい」にすると、一定の期間(次のオプションを参照してください)が経過した後でコメントの受付を停止します。この設定は新着記事に対するデフォルトであり、記事ごとに変更することができます。
    受付停止までの日数(デフォルト) (article_comment_close_days) 30 記事投稿後、コメント受付を自動的に終了するまでの日数を指定します。
    記事の新規作成時のデフォルトはコメント無効です。有効にしない限り、コメントは有効になりません。
    コメント可能な記事の最大数(comment_close_rec_stories) 0 コメントを許可する記事の最大数を指定します。記事が投稿され、コメントを許可している記事数がこの最大値を超えると、自動的にそれより古い記事のコメントが無効になります。0 を指定すると、このオプションは無効になります。
    返信のメール通知を許可する(allow_reply_notifications) いいえ コメントに対して返信があったらメールで通知するオプションをユーザーに許可するかどうかを「はい」、「いいえ」で指定します。登録ユーザーは、コメントが付いたら通知メールを受け取ることができます。
    同じページでコメントを投稿する(comment_on_same_page) いいえ 「はい」にすると、コンテンツと同じページでコメントを投稿できるようになります。
    返信時にコメントリストを表示(show_comments_at_replying) いいえ 「はい」にすると、コメントへの返信をする際に、返信対象のコメントリストを表示します。

    画像

    画像: 画像ライブラリ

    項目(変数) デフォルト 説明
    画像ライブラリ(image_lib) なし 画像ライブラリを「ImageMagick」、「Netpbm」、「GDライブラリ」から選びます。画像アップロード時にリサイズしたくない場合や、画像ライブラリを使えない場合は「なし」にします。
    mogrifyのパス(path_to_mogrify) (無効) 上記の「画像ライブラリ」にimagemagickを選んだ場合、ImageMagickパッケージ中のmogrifyバイナリへの完全なパスを '/usr/bin/mogrify' のように指定します(バージョン5.4.9以降を推奨します。)。
    netpbmへのパス(path_to_netpbm) (無効) 上記の「画像ライブラリ」にnetpbmを選んだ場合、Netpbmのバイナリがあるディレクトリの完全なパスを /usr/bin/netpbm/ のように指定します。パスの最後はスラッシュ / でなければなりません。
    様々なプラットフォーム用にコンパイルされたバイナリのパッケージは、Netpbm homepageからダウンロードできます。

    画像: アップロード

    項目(変数) デフォルト 説明
    元の画像を保持する(keep_unscaled_image) いいえ 「はい」にすると、アップロード後にリサイズされていない元画像が保存されます。その場合には、元画像より小さなサムネイル画像が作成され、元画像へのリンクが張られます。画像サイズにもよりますが、大量のディスクスペースを消費する可能性があることに注意してください。
    ユーザーに画像のサイズ変更を許可する(allow_user_scaling) はい 「はい」にすると、上記のように元画像を保存する場合、記事の中でリサイズされた画像を使えるようになります。言い換えると、記事の中で([imageX] に加えて)[unscaledX] タグを使えるようになります。
    JPEGの画質(jpeg_quality) (無効) JPEG画像をリサイズする際の画質を指定します。Geeklogでサポートされているすべての画像ライブラリはIJG JPEGライブラリをベースにしており、0から100の範囲で画質を指定します(これはパーセント値ではないことに注意してください。)。値を設定しない場合は、デフォルトは75で、これはほとんどの場合、適切な数値です。場合によっては、より大きな数値の方が画質が良くなります。
    経験則: 90以上を指定しても画質は良くならず、画像サイズばかりが大きくなります。50以下では画質が悪くなります。25以下では画像が歪んでしまいます。
    画像のアップロードをデバッグする(debug_image_upload) いいえ 「はい」にすると、画像のアップロード・リサイズ中にデバッグ情報をGeeklogのerror.logに書き込みます。画像アップロード時の問題を解明する際に役立ちます。

    画像: 記事の画像

    項目(変数) デフォルト 説明
    幅の最大値(max_image_width) 160 画像の幅の最大値をピクセル単位で指定します。この数値を超えた場合、画像は拒否されるかリサイズされます(上記の画像ライブラリの設定による)。
    高さの最大値(max_image_height) 160 画像の高さの最大値をピクセル単位で指定します。この数値を超えた場合、画像は拒否されるかリサイズされます(上記の画像ライブラリの設定による)。
    ファイルサイズの最大値(max_image_size) 1048576 ファイルサイズの最大値をバイト単位で指定します。この数値を超えた場合は、リサイズ用の画像ライブラリを使っていても、その画像ファイルは拒否されます。

    画像: 話題アイコン

    項目(変数) デフォルト 説明
    幅の最大値(max_topicicon_width) 48 話題アイコンの幅の最大値を指定します(単位:ピクセル)。この数値を超えた場合、画像は拒否されるかリサイズされます(上記の画像ライブラリの設定による)。
    高さの最大値(max_topicicon_height) 48 話題アイコンの高さの最大値をピクセル単位で指定します。この数値を超えた場合、画像は拒否されるかリサイズされます(上記の画像ライブラリの設定による)。
    ファイルサイズの最大値(max_topicicon_size) 65536 ファイルサイズの最大値をバイト単位で指定します。この数値を超えた場合は、リサイズ用の画像ライブラリを使っていても、その画像ファイルは拒否されます。

    画像: ユーザーの写真

    項目(変数) デフォルト 説明
    幅の最大値(max_photo_width) 128 写真の幅の最大値をピクセル単位で指定します。この数値を超えた場合、画像は拒否されるかリサイズされます(上記の画像ライブラリの設定による)。
    高さの最大値(max_photo_height) 128 写真の高さの最大値をピクセル単位で指定します。この数値を超えた場合、画像は拒否されるかリサイズされます(上記の画像ライブラリの設定による)。
    ファイルサイズの最大値(max_photo_size) 65536 ファイルサイズの最大値をバイト単位で指定します。この数値を超えた場合は、リサイズ用の画像ライブラリを使っていても、その画像ファイルは拒否されます。
    幅を固定する(force_photo_width) (無効) この設定を有効にしても、ユーザーの写真を表示するときにしか適用されません。写真表示用の <img>タグがここで指定されたサイズで出力されます。つまり、実際の写真のサイズはより大きくても、小さな(ここで指定された)サイズでしか表示されません。(掲示板などで)奇妙な形をしたユーザーの写真がページのレイアウトを台無しにするのを防ぎたい場合に役に立つでしょう。
    写真のデフォルト(default_photo) (無効) 有効にする場合には、画像ファイルの完全なURLを指定します。写真のないユーザーの場合、この既定の写真が表示されます。この設定が無効で、ユーザーが写真もアバターも持っていない場合、何も表示されません。

    画像: Gravatar

    項目(変数) デフォルト 説明
    Gravatarを使用する(use_gravatar) いいえ 「はい」にすると、ユーザーが写真をアップロードしていない場合、アバター用の画像がgravatar.comにリクエストされます(つまり、アップロードされた写真の方が常に優先されます)。
    このオプションを有効にすると、(掲示板のスレッドなどの)複数ユーザーの多数の写真を表示するページでは、スピードダウンする可能性があることに注意してください。
    Gravatarの評価(gravatar_rating) 無効(disabled) gravatar.comへ投稿されたアバターは、(米国で)映画鑑賞用に使われている評価システム
    • G = General Audiences:一般向け
    • PG = Parental Guidance:保護者の指導が望ましい
    • R = Restriced:保護者同伴で入場可
    • X = Explicit:17歳未満入場禁止
    を用いて評価されます。このオプションでは、表示されるアバターの最も厳しいランクを指定します。たとえばRを指定すると、G、PG、Rランクのアバターは表示されますが、Xランクのアバターは一切表示されなくなります。

    言語とロケール

    言語とロケール: 言語

    項目(変数) デフォルト 説明
    言語(language) english 言語ファイル名を指定します。追加の言語ファイルはhttp://www.geeklog.netでダウンロードできます。言語ファイルを翻訳した場合は送ってください。下記のローカリゼーションも参照してください。
    言語ファイル[多言語モード](language_files) (無効) 多言語サイト用です。言語の短縮形('en'、'de'、'ja'など)と言語ファイルの対応関係を指定します。
    言語名[多言語モード](languages) (無効) 多言語サイト用です。言語の短縮形('en'、'de'、'ja'など)と言語名("English"、"Deutsch"、"Japanese"など)の対応関係を指定します。

    Geeklog Wikiの多言語サポート(Multi-Language Support)も参照してください。

    言語とロケール: ロケール

    項目(変数) デフォルト 説明
    ロケール(locale) en_GB Geeklogが使用するロケール(Locale)を指定します。これによって、月名などのローカライズされた情報の表示法を決めるときにPHPが使用する言語と国の両方が決まります。
    日時のフォーマット(date) %A, %B %d %Y @ %I:%M %p %Z 記事も含めて、サイトのほとんどの場所で使用される日時のフォーマットを指定します。下記の日時のフォーマットを参照してください。
    日時の短縮フォーマット(daytime) %m/%d %I:%M%p 日時の短縮表記が必要なときのフォーマットを指定します。下記の日時のフォーマットを参照してください。
    日付のフォーマット(shortdate) %x 日付のみのフォーマットを指定します。下記の日時のフォーマットを参照してください。
    月日だけのフォーマット(dateonly) %d-%b 月日のフォーマット(月日のみ)で、「これからの予定」と「過去の記事」のブロックで使用されるフォーマットを指定します。下記の日時のフォーマットを参照してください。
    時刻だけのフォーマット(timeonly) %I:%M %p %Z 時刻だけを表すフォーマットを指定します。「イベントの詳細」などのページで使われます。下記の日時のフォーマットを参照してください。
    週の始まり(week_start) 日曜日 カレンダーの週の始まりを指定します。「日曜日」か「月曜日」のどちらかです。
    時間制(hour_mode) 12 (記事の公開時刻などの)時間設定のあるアイテムを投稿したり編集したりするときに使う時間のフォーマットを指定します。12(12時間制。am/pmを使用します。)か24(24時間制)のどちらかです。
    千単位の区切り文字(thousand_separator) , 数字を3桁ごとに区切るときに使う文字を指定します。
    小数点(decimal_separator) . 小数点として使う文字を指定します。
    小数点以下の桁数(decimal_count) 2 小数点以下で表示する桁数を指定します。
    タイムゾーン(timezone) (無効) サーバーが異なるタイムゾーンに配置されている場合、時刻が正しく表示されるようにローカルのタイムゾーンを設定します。この設定は、タイムゾーンハック(timezone hack)という名前で知られており、サーバーによっては機能しない場合があります。

    その他

    その他: クッキー

    以下の設定では、Geeklogが使用するクッキー名を指定します。他のソフトウェアが使用するクッキーと名前が重複する場合は簡単に変更できます。

    項目(変数) デフォルト 説明
    セッションのクッキー名(cookie_session) gl_session セッションIDを保存するクッキーの名前を指定します。
    永続的なクッキー名(cookie_name) geeklog 長期間保存されるクッキーの名前を指定します。
    パスワードのクッキー名(cookie_password) password パスワード(のハッシュ)を保存するクッキーの名前を指定します。
    テーマのクッキー名(cookie_theme) theme テーマ名を保存するクッキーの名前を指定します。
    言語のクッキー名(cookie_language) language 言語名を保存するクッキーの名前を指定します。
    タイムゾーンのクッキー名(cookie_tzid) timezone タイムゾーンを保存するクッキーの名前を指定します。
    ゲストユーザー名のクッキー名(cookie_anon_name) anon_name ゲストユーザーの名前を保存するクッキーの名前を指定します。
    クッキーにIPアドレスを埋め込む(cookie_ip) いいえ 「はい」にすると、セッションIDにランダムな数字だけでなくユーザーのIPアドレスも埋め込みます。こうすることで、安全性は高まりますが、ダイアルアップユーザーが毎回ログインしなければならなくなる可能性も高まります。
    永続的なクッキーの有効期限(default_perm_cookie_timeout) 28800 パーマネントクッキーの有効期限のデフォルトを秒単位で指定します。28800秒 = 8時間 です。
    セッションの有効期限(session_cookie_timeout) 7200 セッションの有効期限を秒単位で指定します。デフォルトは 7200秒 = 2時間 です。
    クッキーのパス(cookie_path) / クッキーが有効となるサーバー上のパスを指定します(詳細は、PHPマニュアルを参照してください。)。
    クッキーのドメイン(cookiedomain) クッキーが有効となるドメインを指定します。GeeklogはサイトのURLに基づき、正しいドメインを推測しようとします(詳細は、PHPマニュアルを参照してください。)。
    セキュア(HTTPS)なクッキーを使用する(cookiesecure) いいえ サイトがHTTPSプロトコルを使用している場合に限って、「はい」にしてください(詳細は、PHPマニュアルを参照してください。)。

    その他: その他

    項目(変数) デフォルト 説明
    通知(notification) 新規の記事・コメントが投稿された場合、トラックバック・ピングバックを受信した場合、新規ユーザーが登録された場合に、サイトのメールアドレス$_CONF['site_email']に通知メールを送信するリストを指定します。このリストに登録できるのは、
    • story
    • comment
    • trackback
    • pingback
    • user
    です。必要なものを組み合わせて登録します。
    例: story と user とすると、新規記事が投稿された場合とユーザーが登録された場合に通知されます。たとえば、新規コメントが投稿された場合には、通知は来ません。
    Cronのスケジュール間隔(cron_schedule_interval) 0 Geeklogはcronjob、つまり、一定の間隔で行う作業を擬似的に行うことができます。実行されるPHPのコードは、プラグインかlib-custom.php中のCUSTOM_runScheduledTask 関数で指定します。ここで設定する値は、作業が行われる間隔を秒単位で指定します。デフォルトは0です。 例) 86400秒 = 24時間
    この作業が行われるには、予定の時刻付近で誰かがサイトを訪問する必要があることに注意してください。訪問者がほとんどいないサイトでは、作業の開始がかなり遅れる可能性があります。
    0 を指定すると、この機能は無効になります。
    自動タグを無効にする(disable_autolinks) いいえ 「はい」にすると、自動タグ、 つまり、([story:]といった)角括弧による特殊タグ形式の自動タグがすべて無効になります。
    URLをクリッカブルにする(clickable_links) はい テキストモードの記事内のURLに自動的にリンクを張るかどうかを指定します。
    クリッカブルURLの長さ(linktext_maxlen) 50 クリッカブルURLのリンクテキストの最大文字数を指定します。0 にすると切り詰めずに表示します。
    HTMLの出力を圧縮して送信する(disable_compressed_output) いいえ ブラウザーとWebサーバーの両方がサポートしているのであれば、HTMLをブラウザーに送信する前に圧縮できます。これにより通常20%から25%圧縮できます。しかしながら、Webサーバーに負荷を若干かけることになります。そのため、今のところこの機能は実験的な段階であり、すべてのHTML出力用にはまだ実装されていません。
    "クリックジャッキング"を防止する(frame_options) フレーム内表示を許可しない クリックジャッキングを防止します。HTTPレスポンスヘッダーであるX-FRAME-OPTIONSにより、フレーム内での表示を許可しなくなります。ただし、ブラウザーがX-FRAME-OPTIONSに対応する場合のみ有効です。「フレーム内表示を一切許可しない」、「同一オリジンのみフレーム内表示を許可する」、「フレーム内表示を制限しない」の中から選びます。「フレーム内表示を一切許可しない」にすることを強く推奨します。
    ページナビゲーションの最大ページ数(page_navigation_max_pages) 7 ページナビゲーションに表示するページの数を指定します。最小3ページから最大20ページまで指定できます。
    ブロックのキャッシュ期間のデフォルト(default_cache_time_block) 0 ブロックをキャッシュする期間のデフォルトを指定します。可能な値は:
    • 1 以上 = この秒単位の間、キャッシュを再生成せずに表示します。(訳注)データベースにアクセスしないため、表示速度は速くなりますが、ブロックを更新しても表示には反映されません。
    • 0 = キャッシュしません。ブロックは常にデータベースから生成されます。
    • -1 = 常にキャッシュし、エディターでブロックを更新・保存した場合に限り、キャッシュを再生成します。
    タイトルからIDを自動的に作成する(titletoid) いいえ 「はい」にすると、タイトルに基づいてIDを自動的に生成します。記事・話題・静的ページ (とサポートする他のプラグイン)で有効です。ユーザーがタイトルを入力すると自動的にIDを更新します。(訳注)タイトルが英数字のみで構成される場合、この機能は役に立ちます。

    その他: デバッグ

    項目(変数) デフォルト 説明
    Rootデバッグ(rootdebug) いいえ PHPのエラーが発生したとき、(重要な情報の漏洩を防ぐため)GeeklogのエラーハンドラはRootグループに属するメンバーにしか実際のエラー情報を表示しません。「はい」にすると、この情報がすべての ユーザーに表示されるようになります。デバッグ目的にのみ使用してください。
    ヒント: エラーのためにサイトにログインできない場合は、このオプションをsiteconfig.phpの中で有効にすることができます。

    その他: デイリーダイジェスト

    項目(変数) デフォルト 説明
    デイリーダイジェストを送信する(emailstories) いいえ 「はい」にすると、ユーザーに記事をEメールで配布するデイリーダイジェスト機能が有効になります。この機能を使用するには、Cron機能とPHPをシェルスクリプトとして使用する機能(CLI版PHP)が必要になります。
    記事の長さ(emailstorieslength) 1 「デイリーダイジェストを送信する」を有効にした場合、この設定値を 0 にすると、新規記事のタイトルとリンクのみが送信され、1 にすると冒頭文全体が送信され、2 以上にすると、冒頭文の最初からその文字数分だけが送信されます。
    ユーザー新規登録で有効をデフォルトにする(emailstoriesperdefault) いいえ 「はい」にすると、ユーザーが新規登録したとき、自動的にデイリーダイジェストが有効になります。

    その他: HTMLフィルター

    項目(変数) デフォルト 説明
    ユーザーHTML(user_html) <p>, <b>, <i>, <a>, <em>, <br>, <tt>, <hr>, <ol>, <ul>, <li>, <code>, <pre> ふつうのユーザーが記事やコメントを投稿するときに使用できるHTMLタグのリストを指定します。
    管理者HTML(admin_html) 管理者HTMLに追加するHTMLタグ(例 テーブルタグ) 管理者が使用できるHTMLタグと属性のリストを指定します。管理者は上記のユーザーHTMLも使えます。ユーザーHTMLに登録されているHTMLタグに属性を追加して再定義した場合、管理者HTMLの方が有効になります。たとえば、ユーザーHTMLでは(JavaScriptを使えないようにするため)<p>タグのstyle属性を無効にするが、管理者HTMLではstyle属性を有効にするといったことができます。
    アドバンストエディター用追加HTML(advanced_html) アドバンストエディターに追加するHTMLタグ(例 画像) アドバンストエディターの利用が許可されている場合のアドバンストエディター用追加HTMLタグと属性を指定します。。
    RootユーザーにHTMLフィルターを適用しない(skip_html_filter_for_root) いいえ 「はい」にすると、Rootグループのユーザーは投稿時にすべての HTMLタグを使えるようになります。自己責任で使用してください。
    許可するプロトコル(allowed_protocols) http, https, ftp リンク(つまりHTMLの<a>タグ)で有効なプロトコルを指定します。

    その他: バッドワードチェック(Censoring)

    項目(変数) デフォルト 説明
    語句の検査を行う(censormode) 検査する(完全一致) ユーザーの投稿とコメントに関して、「検査しない」、「検査する(完全一致)」はバッドワードに完全に一致するもののみ検査し、「検査する(前方一致)」はバッドワードで始まるものをすべて検査し、「検査する(部分一致)」はバッドワードを含むものをすべて検査します。
    (訳注)日本語などのマルチバイト文字では、「検査する(前方一致)」と「検査する(部分一致)」は誤動作する可能性があります。
    置き換えるワード(censorreplace) *censored* バッドワードと判定された語句を置き換える語句を指定します。
    バッドワード(censorlist) (バッドワードのリスト) バッドワードのリストを指定します。

    その他: IPアドレス検索

    項目(変数) デフォルト 説明
    IPアドレス検索(ip_lookup) (無効) コメントを投稿した人のIPアドレスは記録され、管理者には表示されます。IPアドレス検索サービスを設定した場合、表示されたIPアドレスをクリックするとそのIPの所有者を調べることが可能になり、不正使用をインターネットサービスプロバイダーに通報しやすくなります。
    設定値には、IP検索サービスの完全なURLを指定します。IPアドレスが入る部分は '*' にします。Tom WilletのNetToolsパッケージを使うこともできます。この場合は、/nettools/whois.php?domain=*
    と指定します。

    その他: Webサービス

    項目(変数) デフォルト 説明
    Webサービスを無効にする(disable_webservices) いいえ 「はい」にすると、Webサービスが無効になります。
    Webサービスを制限する(restrict_webservices) いいえ 「はい」にすると、webservices.atompub権限を持ったユーザー(たとえば、"Webservices Users"グループなど)しかWebサービスを使用できなくなります。
    フィードの最大記事数(atom_max_stories) 10 WebサービスAPIでAtomフィードをリクエストする場合の記事の最大数を指定します。

    Geeklog WikiのWebサービスを使用する(Using the Webservices)も参照してください。

    その他: パンくずリスト

    項目(変数) デフォルト 説明
    パンくずリストの複数表示を許可する(multiple_breadcrumbs) いいえ 「はい」にすると、パンくずリストが複数ある場合、すべて表示します。
    話題のパンくずリストを無効にする(disable_breadcrumbs_topics) いいえ 「はい」にすると、話題のパンくずリストを表示しません。
    記事のパンくずリストを無効にする(disable_breadcrumbs_articles) いいえ 「はい」にすると、記事のパンくずリストを表示しません。
    プラグインのパンくずリストを無効にする(disable_breadcrumbs_plugins) いいえ 「はい」にすると、プラグインのパンくずリストを表示しません。
    サイト名をパンくずリストのルートにする(breadcrumb_root_site_name) いいえ 「はい」にすると、サイト名をパンくずリストのルートにします。

    ファイルマネージャー(File Manager)

    Geeklog-2.1.0では、MITライセンスでSimon Georgetが公開しているオープンソースのファイルブラウザー Filemanager を組み込みました。

    新規インストール時には、Root管理者、記事管理者(Story Admins)、静的ページ管理者(Static Page Admins)だけがファイルマネージャーを使用できます。

    ファイルマネージャー: 全般

    項目(変数) デフォルト 説明
    ファイルマネージャーを無効にする(filemanager_disabled) いいえ 「はい」にすると、Rootグループに所属するユーザー以外はファイルマネージャーを使用できなくなります。
    閲覧のみ(filemanager_browse_only) いいえ 「はい」にすると、ファイルマネージャーは閲覧専用になります。
    表示モードの初期値(filemanager_default_view_mode) グリッド 表示モードの初期値を指定します。可能なオプションは「グリッド」と「リスト」です。
    確認メッセージを表示する(filemanager_show_confirmation) はい 「はい」にすると、削除や移動の際に確認メッセージを表示します。
    検索ボックスを表示する(filemanager_search_box) はい 「はい」にすると、検索ボックスを表示します。
    ファイルの並べ替え方法(filemanager_file_sorting) default ファイル・ディレクトリの表示順の初期値を指定します。可能なオプションは、「デフォルト」、「名前(昇順)」、「名前(降順)」、「種類(昇順)」、「種類(降順)」、「変更日時(昇順)」、「変更日時(降順)」です。
    ファイル名にラテン文字だけを許可する(filemanager_chars_only_latin) はい 「はい」にすると、フォルダー名としてラテン文字しか使えなくなります。
    日付のフォーマット(filemanager_date_format) Y-m-d H:i:s 日時の表示フォーマットを指定します。詳しくは、このページをご覧ください。
    ロガーを有効にする(filemanager_logger) いいえ 「はい」にすると、ファイルマネージャーはサーバー側の処理をGeeklogのエラーファイル(error.log)に記録します。
    サムネイル画像を表示する(filemanager_show_thumbs) はい 「はい」にすると、サムネイル画像を表示します。
    サムネイル画像を作成する(filemanager_generate_thumbnails) はい 「はい」にすると、表示速度向上のためPHPを使用してサムネイル画像を作成します。サムネイル画像は隠しフォルダー _thumbs に保存されます。このフォルダーを表示するには、「表示しないディレクトリ」オプションから、_thumbs を除いてください。

    ファイルマネージャー: アップロード

    項目(変数) デフォルト 説明
    許可するファイル拡張子(filemanager_upload_restrictions) jpg, jpeg, gif, png, svg, txt, pdf, odp, ods, odt, rtf, doc, docx, xls, xlsx, ppt, pptx, ogv, mp4, webm, ogg, mp3, wav アップロードできるファイルの拡張子を指定します。
    既存のファイルを上書きする(filemanager_upload_overwrite) いいえ 同名のファイルをアップロードする場合、「はい」にすると、既存のファイルを上書きします。「いいえ」にするとファイル名にインデックスを付加します。
    画像ファイルだけをアップロードする(filemanager_upload_images_only) いいえ 「はい」にすると、画像ファイルしかアップロードできなくなります。
    アップロードするファイルサイズの上限(filemanager_upload_file_size_limit) 16 HTML5とPHPコネクターでアップロードできるファイルサイズの上限をメガバイト単位で指定します。
    表示しないファイル名(filemanager_unallowed_files) .htaccess 表示しないファイル名を指定します。
    表示しないディレクトリ(filemanager_unallowed_dirs) _thumbs, .CDN_ACCESS_LOGS, cloudservers 表示しないディレクトリ名を指定します。
    表示しないファイル名の正規表現(filemanager_unallowed_files_regexp) /^\\./uis 表示しないファイル名を正規表現で指定します。
    表示しないディレクトリ名の正規表現(filemanager_unallowed_dirs_regexp) /^\\./uis 表示しないディレクトリ名を正規表現で指定します。

    ファイルマネージャー: 画像

    項目(変数) デフォルト 説明
    画像ファイルの拡張子(filemanager_images_ext) jpg, jpeg, gif, png, svg アップロードできる画像ファイルの拡張子を指定します。

    ファイルマネージャー: ビデオ

    項目(変数) デフォルト 説明
    動画プレーヤーを表示する(filemanager_show_video_player) はい 「はい」にすると、ブラウザーの動画プレイヤーを表示します。
    動画ファイルの拡張子(filemanager_videos_ext) ogv, mp4, webm アップロードできる動画ファイルの拡張子を指定します。
    動画プレーヤーの幅(filemanager_videos_player_width) 400 動画プレイヤーの幅をピクセル単位で指定します。
    動画プレーヤーの高さ(filemanager_videos_player_height) 222 動画プレイヤーの高さをピクセル単位で指定します。

    ファイルマネージャー: オーディオ

    項目(変数) デフォルト 説明
    オーディオプレーヤーを表示する(filemanager_show_audio_player) はい 「はい」にすると、ブラウザーのオーディオプレイヤーを表示します。
    オーディオファイルの拡張子(filemanager_audios_ext) ogg, mp3, wav アップロードできる音声ファイルの拡張子を指定します。

    db-config.php

    その名が示すように、db-config.phpファイルには、データベースの設定が記述されています。この情報はインストール時に書き込まれるので、ふつう、手動で編集する必要はありません。

    項目(変数) デフォルト 説明
    $_DB_host localhost データベースサーバー(ホスト名:ポート番号:Unixソケット の形式で入力します。)。ほとんどの場合、デフォルトを変更する必要はないでしょう。
    $_DB_name geeklog データベース名を指定します。
    $_DB_user root データベースユーザーのアカウント名を指定します。
    $_DB_pass null データベースユーザーのパスワードを指定します。
    $_DB_table_prefix gl_ Geeklogが使用するすべてのテーブル名の前につける接頭子を指定します(データベースを使用する他のアプリケーションとの衝突を避けるため。)。
    $_DB_dbms mysql Geeklogが使用するデータベースシステムの種類を指定します。
    • mysql (MySQL)
    • pgsql (PostgreSQL)
    • mssql (Microsoft SQL Server)
    のいずれかを指定します。

    siteconfig.php

    siteconfig.phpファイルには、データベースに保存できない設定が記述されています。設定の大半はインストール時に書き込まれるので、ふつう、このファイルを手動で編集する必要はありません。

    項目(変数) デフォルト 説明
    path /path/to/geeklog/ Geeklogの基本パス(db-config.phpのある場所)を指定します(最後にスラッシュ / が必要です。)。
    path_system /path/to/geeklog/system/ Geeklogのシステムライブラリのパスを指定します(最後にスラッシュ / が必要です。)。このディレクトリにはGeeklogが使用するライブラリが格納されています。
    site_enabled true false にするとGeeklogのサイトを閉鎖できます(メンテナンス作業中など)。
    サイト閉鎖用メッセージ(site_disabled_msg)も参照してください。
    default_charset iso-8859-1 HTMLページを表示したり、Eメールを送信するときにGeeklogが使用する文字セットのエンコーディングを指定します。言語ファイルによってエンコーディングが設定されていない場合にのみ、この設定値が使用されます。
    多言語サポート(multi-language)を行うサイトの場合、 utf-8 をデフォルトとして使用することが推奨されています。
    rootdebug (無効) コンフィギュレーションの'rootdebug'オプションと同じです。しかしながら、時にはエラーが発生するため、サイトにログインして'rootdebug'オプションを有効にできないときがあります。このような場合には、この行のコメントを外し、この箇所でオプションを有効にできます。
    true と false 以外に、'force'(siteconfig.phpの中でのみ有効)を指定できます。これを指定すると、パスワードやクッキーなどの重要な情報も表示できます。
    いずれにせよ、上述と同様な警告をしておきます。実際にインターネット上で運営しているサイトでこのオプションを有効なままにしておかないでください!

    URLリライト

    Geeklogには、単純でありながら役に立つURLリライト機能が含まれており、クローラーに適した(つまり、検索エンジンのインデックス作成用ボットがサイトを訪問しやすくなる)URLを出力できます。この機能は、記事・静的ページ・記事一覧・リンクプラグインのURLでサポートされています。

    URL書き換えにより、たとえば

    http://www.geeklog.net/article.php?story=20021022234959146

    というURLは、

    http://www.geeklog.net/article.php/20021022234959146

    となります。1番目の形式のURLを解釈する検索エンジンもありますが、Googleは2番目の形式を好み、1番目の形式を無視するようです。(訳注)この記述は現在では当てはまりません。

    注意:この機能はすべてのWebサーバーで機能するとは限りません。Apache(全バージョン)では機能しますが、IIS(の少なくとも一部のバージョン)では動作しない ことが知られています。サイトを公開する前に検証してください。

    ローカリゼーション(Localization)

    Geeklogをローカライズするのは簡単です。文字列はすべて言語ファイルに格納されています。Geeklogに最初から同梱されているのはenglish.phpです。他の言語への翻訳に関心のある方はGeeklog翻訳(geeklog-translations)メーリングリストへの加入をお勧めします。Geeklogの翻訳に関する重要な情報はみなこのメーリングリストに投稿されます。

    ロケールと日時のフォーマット

    ロケールと日時のフォーマットの設定はコンフィギュレーションで行えます。ロケールを設定するには、適切な文字列を設定するか空白のままにしておきます。後者の場合は、オペレーティングシステムのロケールの既定値が使用されます。日時のフォーマットはロケールによって処理が決まります。ロケール名はオペレーティングシステムに依存します。ほとんどのUNIX系のホストでは、ロケールコードは/usr/share/locale/locale.alias ファイルに記述されており、locale -a コマンドで利用可能なロケールすべてを表示できるシステムもあります。ロケールが存在しない場合は、localedef コマンドで作成できます。

    ロケールに関する詳細は、http://www.opengroup.org/onlinepubs/7908799/xbd/locale.html
    localdef コマンドに関する詳細は、http://www.opengroup.org/onlinepubs/7908799/xcu/localedef.html
    を参照してください。

    日時のフォーマット

    (訳注:以下の表現は、PHPマニュアルの表現を参考に、一部を修正しています。)