ダウンロード

カテゴリ: アドオン
タグ: -
公開日: 2010-10-20 00:18
サイズ: 10.83 KB
バージョン:
MD5: 8840768e48b9312c08f404932fd5f01f
提供者: Ivy
評価: 10.00(2)
ダウンロード数: 3015   POP
※この機能はGeeklog 2.0.0より同梱されます。

本家からGeeklog Emergency Rescue Toolが配布されました。
<a href="http://www.geeklog.net/article.php/20100222022417548">http://www.geeklog.net/article.php/20100222022417548</a>

データベースやソースを修正すること無くすぐにサイトを復旧させることができる、大変便利なツールです。

日本語翻訳したものを。ja以下に追加して配布します。ja版を利用してください。

2010.10.11 編集するconf_valuesに、cookie_pathとcookiedomainを追加しました。
エラーが発生したら、以下の方法 でサイトを復旧してください。

1. サイトが真っ白になる、つまりPHPのエ ラーが表示されているものの、隠すモードになっている場合は、phpのエラーを表示する方法で、phpのエラーを表示する。
<a href="http://wiki.geeklog.jp/index.php/Htaccess#PHP.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.82.92.E8.A1.A8.E7.A4.BA.E3.81.99.E3.82.8B.E6.96.B9.E6.B3.95">http://wiki.geeklog.jp/index.php/Htaccess#PHP.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.82.92.E8.A1.A8.E7.A4.BA.E3.81.99.E3.82.8B.E6.96.B9.E6.B3.95</a>

2. Geeklogのエラーを表示するよう, $_CONF['rootdebug'] = true; をsiteconfig.phpに追加してrootユーザがログインしない状態でも詳しいエラー状況を確認する。

3. 緊急レスキューツールを実行してサイトを復活

Geeklog Emergency Rescue Toolを活用することで、簡単にプラグインを無効化、有効化させたり、ブロックを無効化、有効化、コンフィ ギュレーションのURLやパスの変更など、サイトの復旧が容易になりました。

サイトの復旧だけでなく、ドメインの変更などにも応用できます。

プログラムは、ダウンロードしたらadmin の下にアップロードして実行するだけです。事前準備はなにも必要ありません。admin/rescue.phpを実行して、データベースのパスワードを入 力するだけで復旧処理をスタートさせることができます。

復旧後は、セキュリティのため、必ずこのプログラムを削除してください。