ようこそ! Geeklog Japan 2018/09/26 23:37 JST

Start Geeklog!

  • Geeklog本家および日本語リポジトリはGitHubに移行しました。

    アドオン DEMO Geeklogの特長と主な機能

  • The Secure CMS Geeklog
    CMS Geeklog
    Geeklogは最初からブログ機能を提供する
    セキュアなオープンソースCMSです。

    Geeklog公式サイトのテーマDenim, Horizon, Ivywe版Defaultは、レスポンシブWEBデザインを採用しています。あらゆるブラウザサイズにスマートに対応しています。

    Geeklog本家 | 日本語化の内容

    PHP: PHP5.2.0 以上
    データベース: MySQL 4.1.2 以上。(MySQL5推奨)
    • MySQLの文字セット: UTF-8 Unicode

    • 文字コード照合順: utf8_general_ci

    WWWサーバ: Apache全バージョン Zeus IIS
  • インストール

    1. バックアップとプラグイン無効化

    インストールの前にかならずデータベースをバックアップしてください。
    また、プラグインをプラグイン管理画面にてあらかじめすべて無効化してください。
    テーマをデフォルトから変更している場合には、利用しているテーマも対応バージョンに変更(新テーマ Denimなどに差し替え)してください。

    2. 解凍

    • オープンソースの 7-Zip を推奨。(他、Explzh(Windows)動作確認済み。)MACは標準のアーカイブユーティリティも。その他のアーカイブソフトでは正しく解凍されない場合があります。

    3. FTPによるアップロード

    3-1. Geeklog.jp日本語版の場合

    custom はsystem/custom 用のソースファイルです。
    extended は拡張版用のソースファイルです。
    plugins-jp は、日本語版用のプラグインです。日本語版は、japanizeプラグインをインストールして一括実行してご利用ください。
    プラグインのインストール方法は、adminは、公開領域admin/plugins以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。public_htmlは、公開領域以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。プラグイン本体は、plugins以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。

    3-2. IVYWE版の場合

    • FTPは、, オープンソースの WinSCP, FileZilla  (Windows/MAC)を推奨。(他、NextFTP(Windows)動作確認済み。)その他のFTPソフトでは正しくアップロードされない場合があります。

    4. インストーラー起動

    ブラウザでアップロードディレクトリを表示するとインストーラーが起動。画面に沿ってインストールします。
    日本語版ではサーバーの日本語環境チェック用に、Pre-Installation Check (in Japanese) を用意しているので、言語を日本語に変更して、これを利用してください。

    install

    管理ユーザーのパスワードを変更管理ユーザーのパスワードを変更し、必要なプラグイン(日本語化プラグイン等)をインストール。日本語化プラグインを実行してサイトを日本語化してください。
    コンフィギュレーションでサイトを設定(URLリライトをONなど)。その他各プラグインで必要に応じて作業を行います。
    テーマは、レスポンシブWEBデザインのDenimを活用してください。あるいはivywe版であればdefaultを。
    最後にサイトをセキュリティチェックして、運用をはじめてください。

  • カスタマイズと事例

OSCでGeeklogセミナー

Geeklogセミナー 10/27のOSCにてGeeklogのセミナーを開催いただきます。ちょっと遠いですが、どうぞ!
https://www.ospn.jp/osc2018-fall/modules/eguide/event.php…

Geeklogのご紹介だけでなく、Weeblyを中心としたクラウドサービスをご紹介します。
WEBの構築の選択肢が大きく広がってきましたが、なにを使えば最適なのか、どこまで思い通りのものがクラウドでも実現できるのかといったところまでをご紹介します。
明星大です。ちょっと 遠いですが、Webの最新情報となりますので、ぜひご参加ください。

夕方5時15分からのセミナー。その後懇親会がありますので、続けてご参加ください。

ODCでGeeklogセミナー

Geeklogセミナー ODCでGeeklogのセミナーを行います。
https://www.ospn.jp/odc2018/modules/eguide/event.php?eid=8
Geeklog 2.2で、ユーザー機能に2段階認証(2FA )が追加され、パスワードが強化されました。
新バージョンの新機能の紹介とあらたな活用事例をご紹介します。

どうぞご参加ください!

会場:日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 3号館7F
    [アクセスマップ] (JR蒲田駅 徒歩3分) 
費用:無料
2018-08-25 (土) 16:15~17:00

Geeklog v2.2.0

Geeklog情報 Geeklog v2.2.0 が公開されました。
https://www.geeklog.net/downloads/index.php/file_5b324b8ed4c56

新しいバージョンにおける新機能とバグフィックスは以下。

[Feature] Uikit 3 がテーマ Denim_Three に追加されました。
[Feature] ブロックは左右だけでなく、プラグインやテーマによって追加できるようになりました。
[Feature] CSS と JS のミニファイや圧縮の処理機能が追加されました。
[Feature] ReCaptcha Plugin が初期インストールで選べるようになりました。
[Feature] ReCaptcha Pluginは非表示リキャプチャーに対応します。
[Feature] 新パスワードは、最低8文字。1つの文字と1つの数字が含まれていることが要件。
[Feature] ユーザーアカウント用に2段階認証2FAが有効に。
[Feature] すべてのユーザーアカウントに確認済みのメールアドレスを要求することができます。
[Feature] 新たなユーザーステータスが追加 (ロック, 新Email要求, 新パスワード要求)
[Feature] AkismetモジュールがSPAM-Xプラグインに含まれるようになりました。
[Feature] デモモードが追加されました。
[Bug] 修正済みトークンの期限切れ後再認証は、認証が成功すると空白のページに戻ります。
[Bug] 固定スイッチ言語ブロック(およびCOM_getLanguageFromURL)をトピックページで使用する
... 他にも多くの改善とバグ修正が含まれています。完全なリストは、Githubの上や、このリリースのdocsディレクトリにある歴史のテキストファイルに記載されています。