2019/06/20 00:01 JST

Geeklog Japan Forums

ドメイン変更にあたって環境移行するとログインできなくなりました


状態: オフライン

suzuyan_geeklog

Forum User
Active Member
登録日: 10/07/08
投稿数: 96
場所:大阪北摂
よろしくお願いします。 動作環境:Coreserver(CENTOS+MYSQL) Geeklog:バージョン1.5.x いままでGeeklog上で稼働していたWebサイトのドメインが変更になったので、ドメイン変更によるサイト移行を行いました。 するとログインできなくなってしまいました。 以下移行の手順です。 1.同サーバーに作成した新ドメイン用のフォルダに、旧ドメインの全ファイルをコピーする 2.ファイルに含まれる旧ドメイン名を、新ドメイン名に置き換える 3.同サーバーに作成した新ドメイン用のMySQLに、旧ドメインのMySQLの全データをインポートする。その際にはデータに含まれる旧ドメイン名を、新ドメイン名に置き換えておく 4.DBの指し先など細かい修正も行う 通常はこれで移行が完成します。 いままで何十回もおこないましたが特に不具合が出ることはありませんでした。 しかしこの度移行を行った後に、管理画面にログインしようとすると、ログインできなくなってしまいました。 ログイン画面からログインすると、全く同じ画面に戻ってしまいます(つまり見た目上なにもおこりません。通常は管理画面に遷移します。) 念の為ログイン出来ているか否かをチェックし、直接管理画面のURLを確認しましたが、やはりログイン出来ていませんでした。 ネット上にも同じような現象が起こった方はおられましたが、具体的な対策を書いてあるケースがなく苦心しております。 パターン的には「Cookiedomainの変更」や「Cookieの削除」などを行うとありましたが、いずれの手法でもNGでした。 もし上記の現象についての回避方法をご存知の方がおられましたら、ご教授いただけると助かります。

状態: オフライン

Ivy

Site Admin
Admin
登録日: 01/01/04
投稿数: 5907
場所:Tokyo
MySQLのデータを修正しないでください。
それはGeeklogの/admin/install/ にあるインストーラーを立ち上げて「移行」を
クリックしてドメインやサーバーのパスの移行とテーブルのアップグレードをおこないます。

移行で、ドメインやパスの情報、データベース構造を指定のバージョンへ書き換えを
”自動的”に行ってくれます。

相当テーブル構造も変わっているので、それらはすべてインストーラーに
任せてください。

Geeklog 2.0.0 では、過去のコア以外のプラグインは動かなくなっています。
本体と同時に、プラグインも2.0.0対応のものをアップロードしたうえで
移行ツールを実行してください。

プラグインによって、不要になったソースファイルがあります。
不要なファイルがあることによってサイトが動かなくなるケースがあります。

プラグインをアップロードしたときに、タイムスタンプをみて、
ふるいタイムスタンプのファイルを一切削除しておいてください。

アップグレード前に、不要なプラグインをすべてアンインストールして、
コア以外のプラグインを無効にして、そのうえでアップグレードすると
トラブルがありません。

テーマも、2.0.0のテーマに置き換える必要がありますし、
2.0.0から、functions.php の関数名を、テーマ名に置換するヶ所が4カ所あるので
それも忘れないでください。

移行で失敗したら、レスキューツールで復旧させてください。
くれぐれもMySQLを直接編集しようとしないことです。
(gl_conf_valueは、要素の長さをセットしなければならないので単純な置換はできませんし、まちがうと非常に面倒なことになります。)

コンフィギュレーションの値を変更したければ、resque.phpの
コンフィギュレーションの要素を追加して、レスキューツールの
プラグラムで変更するようにしてください。

状態: オフライン

suzuyan_geeklog

Forum User
Active Member
登録日: 10/07/08
投稿数: 96
場所:大阪北摂
いつもご回答ありがとうございます。>Ivy様

いくつかご確認させていただけますと助かります。

・「Geeklogの/admin/install/ 」にあるインストーラーを立ち上げておこなう「移行」モードですが、1.5.xでも存在しますでしょうか

・存在する場合、内容をかなりハックしているのですが、そのままを移行してくれるでしょうか
(つまりデータベースなどは別にして、デフォルトのソースに戻らないでしょうか)

・Geeklog 2.0.0へのアップグレードは行えません。ハックの作り変えが発生しますし、費用的、時間的にもアップグレードは行えませんので、あくまで現在の構成ファイルを、ドメインを変更することでの「ドメイン変更」という条件での移行となります。

・gl_conf_value他、ドメイン変更による設定文字数の変更は把握していますので、それは全て適切な数値へと変更済です。数回以上見直していますので、そこでの間違いはありません。

できましたら1.5.xのバージョンでドメイン変更を行った際の現象として考えていただけますと助かります。

よろしくお願いいたします。

状態: オフライン

Ivy

Site Admin
Admin
登録日: 01/01/04
投稿数: 5907
場所:Tokyo
アップグレードをしないで、移行だけ、おこなうのですね?

おなじバージョンの/admin/install/をアップロードしてください。
1.5のインストーラーに、「移行」は、3つ目にでてこないでしょうか?

ドメインの変更だけであれば、gl_conf_value のドメインやパスの
部分を、慎重に変更すれば動きます。

ログインできないだけ、であれば、クッキーを削除すればログインできるようになるのではないかと思います。

状態: オフライン

Ivy

Site Admin
Admin
登録日: 01/01/04
投稿数: 5907
場所:Tokyo
メジャーアップグレードは1年に1回程度あり、バグ対応や小さな機能アップで半年に1回はリリースがあり、その都度セキュリティリリース含め、デバッグ、機能アップがなされていきます。

ハックしないでコンフィギュレーションで設定で変更できるように、都度フィードバックを行ってきていますし、必要な修正はハックではなく、カスタム関数で作成することにより、アップグレードでも問題ない体制で開発を行うのが望ましいです。
まとまったプログラムの追加であれば、カスタム関数、静的ページPHP,ブロック関数のphpblockのほか、プラグイン開発で機能追加を行う体制をお勧めします。

開発されたものは、GPLで公開していただくと、その利用者によってバージョンアップ対応やデバッグなどが継続的になされるので、将来も安定して運用できます。

ハックされた箇所については、どのようなハックを行ったのかをフィードバックしていただけば、次回のアップグレードからは、ハックしないでアップグレードできるような本体への開発を行っていきますので、ぜひフィードバックをお願いします m--m

状態: オフライン

Ivy

Site Admin
Admin
登録日: 01/01/04
投稿数: 5907
場所:Tokyo
1.5.Xで移行機能がなかったようです。
ただ、移行ツールでgl_conf_value のパスやドメイン等の修正を手作業で注意深く行っていただいているので問題はないはずです。

問題はログインできないことだけ、ですが、これ以上はGeeklog開発会社へメンテナンスをご相談いただけないでしょうか。

状態: オフライン

suzuyan_geeklog

Forum User
Active Member
登録日: 10/07/08
投稿数: 96
場所:大阪北摂
happy
いつもお世話になっております。
現象が解消されましたので、ご報告いたします。

●移行の際に行った設定をもとに戻す
 例:URLリライト等

 これらの設定(上記他、Cookie系)は一度運用を始めた後、変更すると今回のようなログイン不可の現象を発生させるようです。
 最新版では解消されているのかもしれませんが、1.5.xではある意味不具合として発生します

以降、この度の作業に際しての参考です。

> ログインできないだけ、であれば、クッキーを削除すればログインできるようになるのではないかと思います。

Safariの開発モード等が便利でした。キャッシュをOFFにすることが可能です。
もちろんCookieも削除出来ます。

> メジャーアップグレードは1年に1回程度あり、バグ対応や小さな機能アップで半年に1回はリリースがあり、その都度セキュリティリリース含め、デバッグ、機能アップがなされていきます。

ここがCMSを使った開発の悩ましいところですね。
確かにご記載のような対応ができましたら理想ですが、業務で行った場合、時間と採算を天秤にかけるとどうしても対応ができない場合があります。
ハック内容を管理していても、同じハックが動作しない場合もありますし・・・(特にメジャーの場合が怖いですね)

ただ今回のケースはデフォルトの設定を変更するだけで発生する現象でしたので、ある意味これらの問題は関係ないのかも知れません。

またなにかありましたら、フィードバックさせて頂きます。

状態: オフライン

Ivy

Site Admin
Admin
登録日: 01/01/04
投稿数: 5907
場所:Tokyo
解決してよかったです。
オープンソースのCMSは、ハックしないでカスタマイズできる のがおおきな利点です。

Geeklog Wikiを参照してください。
http://wiki.geeklog.jp/index.php?title=Admin14

それがスクラッチ開発のCMSとちがうところです。

オープンソースの場合、プラグイン、カスタム関数 などなど、Geeklogは他のCMSに比べてより多様なカスタマイズ方法が選べるので
目的に応じて最適なカスタマイズが行えます。
逆に、開発者として、ハックしないでカスタマイズできる力量が求められます。

どうしてもハックしなければ使えないCMSは、CMSとして未熟だともいえます。

2.0.0になってかなりハックしなくても使えるCMSになってきました。

テーマや、カスタム関数の追加、プラグインの開発、自動タグプラグインの関数、カスタムメニュープラグインの関数、静的ページPHPの開発...

Geeklogは特にプラグインAPIが非常に整備されています。本家WIKIサイトに情報が豊富です。

もし、それでもハックが必要だというのであれば、ぜひこちらに、どのようなハックが必要なのかご連絡ください。
ハックを回避できる方法をご提案できるかもしれませんし、次期バージョンで、ハックしないで本体コンフィギュレーション機能で対応できるように本家にフィードバックできるかもしれません。

実際に、以前、Twitterで、テキストモードでのURLの短縮で、その文字数を長くしたいので毎回lib-common.phpをhackしなければならず不便だというツイートから、コンフィギュレーションで長さを設定するよう、機能追加を本家に要望して実装されたり、といったことがあります。

時刻はすべて JST , 現在の時刻は 12:01 AM

  • 通常
  • 注目トピック
  • ロック済
  • 新着
  • 注目トピック 新着
  • ロック済トピック 新着
  •  ゲストユーザの投稿を見る
  •  ゲストユーザ投稿可能
  •  一部のHTMLを許可
  •  バッドワードをチェック