2019/06/16 08:26 JST

Geeklog情報

セキュリティ対策

  • 投稿者:
  • 表示回数 10,728
Geeklogは、本体のソースは、WEBサーバー上におきません。そのため、セキュリティに大変すぐれたシステムです。
運用時にも、コンテンツによってはさらにセキュリティをあげる必要がでてきます。そのような場合、セキュリティアップの手法を2件、ご紹介します。

テンプレートを追加

  • 投稿者:
  • 表示回数 14,563
Geeklog情報 テーマ「tony」を追加しました。右上のテーマセレクタでお試しください。
geeklogの開発者tony氏のサイトのテーマをベースしにています。
style.cssは169行と、大変スリムなスタイルシートです。
テンプレートはテーブル組みを極力削除してスタイルシートでレイアウトしています。

開発者の横顔

  • 投稿者:
  • 表示回数 10,879
Geeklog情報 現在、Geeklogの開発の中心はGeeklogがDirk Haun、Geeklog2がTony Bibsという態勢です。
ちょっとGeeklog2について調べていて、面白いと思ったので、開発者の紹介をしておきます。

まず、Tony Bibsですが、こちらは、アウトドアやハンティング好きの方で、サイトもIowa Outdoorsというサイトを運営しており、そこで使うツールとしてGeeklogの開発が始まったようです。
ちなみに彼のサイトは、
http://www.tonybibbs.com/index.php
です。すごくシンプルですが、Linuxと家族を愛する様子がよくわかります。
以前、日本語コミュニティで悩んでいたコピーライトを削除してもいいのか?という問題、彼のサイトでは削除されてますね。^_^;

現在Geeklog関係で最も活発な開発者なのがDirk Haunです。彼はドイツ在住で、かなりの時間をGeeklogの開発にさいているようです。
僕がときどき質問や日本語ファイルを送ってもすぐに返事が返ってきます。すごく気さくな人でもありますね。
彼のサイトは、
http://www.handful-of-sparks.de/
です。
こちらは、Geeklogのデフォルトが3カラムなのに、2カラムになっています。1.4系で2カラムがサポートされたのは、彼個人の好みが大きく反映されているようです。

ちなみにオリジナルの開発者は、Mark Limburgです。

ページナビゲーション