2020/08/12 18:48 JST

Geeklog

掲示板


Geeklog 2.1.1 テーマ開発方法

  • 2015/12/14 15:22 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,473
Geeklog Geeklog 2.1.0 でテンプレートエンジンが大きく機能アップしていますが、今回も、UIkit framework version 2.24.0 を Geeklogに追加する環境が整い、それを活用したテーマDenim、そしてその活用をさらに進めた、日本語版独自のテーマHorizonを公開しました。
今回広く機能アップしている内容をまとめてご紹介します。

1. UIkitを活用可能に。
/vendor/uikit/ にUIkitが追加されました。テーマDenimで活用しています。
Denimをベースに、UIkitの活用をさらに推し進めたシンプルなHorizonをさらに提供。このHorizonをベースに様々なテーマを開発可能です。

2. CSSをまとめてcacheする、高速化のためのstyle.css.php
functions.phpのfunction theme_config_テーマ()のなかで、

'etag' => true,

となっている場合に、style.css.phpでcssを1ファイルにまとめてcacheします。
cssが多数存在しているModern Curveテーマなどで有効です。
このしくみはどんなテーマでも活用可能で, Horizonでも活用しています。
cacheを活用しているため、ソースを変更してもすぐには反映されません。
管理画面でcacheをクリアしてください。
それでもまだ残る場合は、サーバーのdata/layout_css layout_cache下のファイルを削除してください。

3. テンプレートに条件文 if文などを記述できます。

詳しくは、
http://wiki.geeklog.net/index.php/Cac...te_Library

4. テンプレートにPHPを自由に記述できます。

活用事例は、
http://www.ivysoho.net/article.php/ge...tag-by-php

5. プラグインはdefaultテーマを持つことと、テーマ別にプラグインのテーマを持てるようになりました。

テーマに、プラグイン名のディレクトリを作成して、テンプレートをそこに置きます。
テーマHorizonには、staticpagesプラグインのテンプレートを追加しているのでそれを参考にしてください。

6. マシンリーダブルの Schema.orgに対応。見出し、投稿者、パンくずリストを適切なタグで記述。 テーマ Denim と Modern Curve, DenimベースのHorizonに対応しました。

7. その他、多数の機能アップ、変更が行われており、テンプレートファイルの追加・削除・リネームが行われています。
テーマに関する詳細な変更については以下のドキュメントを参照してください。(配布パッケージ同梱)
https://www.geeklog.jp/docs/japanese/theme.html


なお、テーマ名を修正したら、かならずfunctions.phpの5つの関数名を修正することを忘れないようにしてください。

Geeklog 2.1.1

  • 2015/12/11 02:12 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,835
Geeklog

UIkit標準搭載の2-1-1がリリースされました。

コアのプラグインもそれぞれアップデート。テンプレートのディレクトリが変わっているので、カスタマイズしている場合は注意してください。

本家版ダウンロード:
https://www.geeklog.net/filemgmt/index.php/1157

日本語版候補(準備中。開発者の方はテストを!)
GitHub/geeklog-japan New!

DEMO日本語

機能UP:

  • [Security] 404 errorsのlog パラメータと404のフィルタリングがerror.logで動くようになりました。
  • [Security] File Managerの demos と tests の WideImage に XSSがあったのを削除しました。
  • [Security] File Manager を version 2.2.0にアップデートしました。 (upload checkにセキュリティーの問題があったのを対応しました。)
  • [Security] コンフィギュレーションの値をサニタイジングオーバーホールド。
  • [Update] CKEditor to version 4.5.4
  • [Update] jQuery to version 1.11.3 と jQuery UI to version 1.11.4. jQuery Timepicker アドオンアップデート。
  • [Update] OAuth class をversion 1.141
  • [Feature] UIkit framework version 2.24.0 を Geeklogに追加しました。
  • [Feature] Denim テーマは UIkitを実装しました。
  • [Feature] テンプレートエラーを記録する管理者モードを追加しました。
  • [Feature] プラグインはdefaultテーマを持つことと、テーマ別にプラグインのテーマを持てるようになりました。cssもテーマにより変更できます。プラグインテンプレートも function.php でどのjavascriptをロードするかも制御できます。 [Tom]
  • [Feature] マシンリーダブルの Schema.orgに対応。見出し、投稿者、パンくずリストを適切なタグで記述。 テーマ Denim と Modern Curveに対応。 [Tom]
  • [Feature] アンケートプラグインのバーグラフはパーセンテージになり、RWDに対応します。 [Tom]
  • [Feature] 使いやすいテンプレートクラス。 [Tom]
  • [Feature] XMLSitemap プラグインは、記事作成時に Pingをサーチエンジンに対して打つことができるようになりました。 [Mystralkk]
  • [Feature] XMLSitemap プラグインは、専用APIを追加しました。 [Mystralkk]
  • [Feature] デフォルトの admin page は、moderation.phpから index.phpに変更しました。 [Dengen]
  • [Feature] 検索フォームの一部にアクセスできない不具合を修正しました。 [Dengen]
  • [Feature] メッセージ"Unfortunately, an error has occurred rendering this page."のローカライゼーションを行いました。 [Mystralkk]
  • [Feature] Pagination に rel=?next? と rel=?prev? を追加しました。 [Tom]
  • [Bug] Com_mailに、メールアドレスが登録されていないユーザの対応を追加しました。(Oauth users)
  • [Bug] キャッシュされた記事が表示できないケースがある問題に対応しました。
  • [Bug] これまでのLDAPは動かなくなっていましたが、かわりに あたらしく Simple_LDAP Authentication を実装しました。
  • [Bug] ブロックのコピー
  • [Bug] ハードコードされていたTLD ドメイン名チェックを削除しました。
  • [Bug] Geeklog Does Not Accept .website TLD [Mystralkk]
  • [Bug] インストールスクリプトの移行オプションは、コンフィギュレーションのcookiesecureを制御します。 [Dirk]
  • [Bug] 隠されていたコンフィギュレーションオプションの 'search_use_fulltext' 検索のコンフィギュレーションで選べるようになりました。 [Dengen]
  • [Bug] ブロックの編集でオプションがリセットされる不具合を修正しました。 [Dengen]
  • [Bug] 管理者が、ユーザーの編集画面でユーザーのパスワードを入力させられる不具合を修正しました。 [Dengen]
  • [Bug] ゲストユーザーが記事を投稿したときのパーミッションの不具合を修正しました。 [Dengen]
  • [Bug] dc: namespace missing RSS と RDF フィードの宣言の不具合を修正しました。 [Mystralkk]
  • [Bug] フィードヘッダのブランクを修正しました。 [Dirk]
注意:
1.8.2 以前のバージョンからアップグレードする場合は、サードパーティのプラグインがGeeklog 2.1.0に対応していることを事前に確認してください。 確認できない場合は、無効にするかアンインストールしたうえでアップグレードしてください。

nginxでGeeklogをURLリライトONで活用する場合の注意

  • 2015/11/16 23:39 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,438
Geeklog 通常、GeeklogはURLリライトONで活用します。

ただし、ISPConfig3(nginx+php-fpm)でGeeklogのURLリライトを有効(On)にする場合は、そのままでは動作しません。

以下のサイトを参考にしてください。

ISPConfig3(nginx+php-fpm)でGeeklogのURLリライトを有効(On)にして使う方法
http://www.winkey.jp/article.php/20130507173330998

Geeklog 2.1.1 BETA 1

  • 2015/11/03 02:20 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 5,291
Geeklog UIkit標準搭載の2-1-1 BETA-1がリリースされました。
https://www.geeklog.net/article.php/g...1-1-beta-1

コアのプラグインもそれぞれアップデート。テンプレートのディレクトリが変わっているので、カスタマイズしている場合は注意してください。

download:
https://www.geeklog.net/filemgmt/index.php/1151

機能UP:

[Security] 404 errorsのlog パラメータと404のフィルタリングがerror.logで動くようになりました。
[Security] File Managerの demos と tests の WideImage に XSSがあったのを削除しました。
[Security] File Manager を version 2.2.0にアップデートしました。 (upload checkにセキュリティーの問題があったのを対応しました。)
[Security] コンフィギュレーションの値をサニタイジングオーバーホールド。
[Update] CKEditor to version 4.5.4
[Update] jQuery to version 1.11.3 と jQuery UI to version 1.11.4. jQuery Timepicker アドオンアップデート。
[Update] OAuth class をversion 1.141
[Feature] UIkit framework version 2.23.0 を Geeklogに追加しました。
[Feature] Denim テーマは UIkitを実装しました。
[Feature] プラグインはcssを含むdefaultテーマを持つようになりました。
[Feature] Schema.org 記事, 所有者, そしてパンくずリストマークアップをテーマ Denim と Modern Curve に追加しました。
[Feature] xmlSiteMapプラグインは、新規コンテンツ登録の際に自動的に Ping Search Enginesに登録する機能を追加しました。
[Feature] XMLSitemap Plugin は献身的なAPIを追加。
[Bug] Com_mailに、メールアドレスが登録されていないユーザの対応を追加しました。(Oauth users)
[Bug] キャッシュされた記事が表示できないケースがある問題に対応しました。
[Bug] これまでのLDAPは動かなくなっていましたが、かわりに あたらしく Simple_LDAP Authentication を実装しました。
[Bug] ブロックのコピー
[Bug] ハードコードされていたTLD ドメイン名チェック
... 他多くのバグフィックス。history.txtに完全なリリース情報を記載しています。

開発チームは、Geeklog 2.1.1のの最終リリースは2015年11月末を考えています。

2.1.1 BETA 1 で動いているサイト:
http://geeklog.net
http://demo.geeklog.jp

詳しい案内は本家サイトをご覧ください。
http://www.geeklog.net

「Webノウハウ・シェア2015」でLT

  • 2015/10/05 06:11 JST
  • 投稿者:
  • 表示回数 1,240
Geeklog 2015年10月8日、Google金谷氏講演が決定した、~快適なWebと管理職が知っておきたい検索の常識~「Webノウハウ・シェア2015」第二部のLT(ライトニングトーク)で、OSS JapanとOSS開発者のノマドワークで地方活性化(仮)をお話しさせていただくことになりました。

OSS Japanの紹介と、設立趣旨から現在にいたる経過、そしてOSS開発者のしあわせな生き方とは何か、OSSとノマド、地方再生、などに触れることができたらと考えているところです。

ご参加は以下のURLからお申し込みください。
https://bosscon.doorkeeper.jp/events/31233

ページナビゲーション