2019/10/15 23:24 JST

Start Geeklog!

  • The Secure CMS Geeklog
    CMS Geeklog
    Geeklogは最初からブログ機能を提供する
    セキュアなオープンソースCMSです。

    Geeklog公式サイトのテーマDenim, Horizon, Ivywe版Defaultは、レスポンシブWEBデザインを採用しています。あらゆるブラウザサイズにスマートに対応しています。

    Geeklog本家 | 日本語化の内容

    PHP: PHP5.2.0 以上
    データベース: MySQL 4.1.2 以上。(MySQL5推奨)
    • MySQLの文字セット: UTF-8 Unicode

    • 文字コード照合順: utf8mb4_general_ci

    WWWサーバ: Apache全バージョン Zeus IIS
  • インストール

    1. バックアップとプラグイン無効化

    インストールの前にかならずデータベースをバックアップしてください。
    また、プラグインをプラグイン管理画面にてあらかじめすべて無効化してください。
    テーマをデフォルトから変更している場合には、利用しているテーマも対応バージョンに変更(新テーマ Denimなどに差し替え)してください。

    2. 解凍

    • オープンソースの 7-Zip を推奨。(他、Explzh(Windows)動作確認済み。)MACは標準のアーカイブユーティリティも。その他のアーカイブソフトでは正しく解凍されない場合があります。

    3. FTPによるアップロード

    3-1. Geeklog.jp日本語版の場合

    custom はsystem/custom 用のソースファイルです。
    extended は拡張版用のソースファイルです。
    plugins-jp は、日本語版用のプラグインです。日本語版は、japanizeプラグインをインストールして一括実行してご利用ください。
    プラグインのインストール方法は、adminは、公開領域admin/plugins以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。public_htmlは、公開領域以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。プラグイン本体は、plugins以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。

    3-2. IVYWE版の場合

    • FTPは、, オープンソースの WinSCP, FileZilla  (Windows/MAC)を推奨。(他、NextFTP(Windows)動作確認済み。)その他のFTPソフトでは正しくアップロードされない場合があります。

    4. インストーラー起動

    ブラウザでアップロードディレクトリを表示するとインストーラーが起動。画面に沿ってインストールします。
    日本語版ではサーバーの日本語環境チェック用に、Pre-Installation Check (in Japanese) を用意しているので、言語を日本語に変更して、これを利用してください。

    install

    管理ユーザーのパスワードを変更管理ユーザーのパスワードを変更し、必要なプラグイン(日本語化プラグイン等)をインストール。日本語化プラグインを実行してサイトを日本語化してください。
    コンフィギュレーションでサイトを設定(URLリライトをONなど)。その他各プラグインで必要に応じて作業を行います。
    テーマは、レスポンシブWEBデザインのDenimを活用してください。あるいはivywe版であればdefaultを。
    最後にサイトをセキュリティチェックして、運用をはじめてください。

  • カスタマイズと事例

新着記事

掲示板

新規投稿

勉強会開催
初期投稿 Ivy, » 2019/09/24 02:12 JST

Geeklog 勉強会

  • 投稿者:
  • 表示回数 100
Geeklog情報

Geeklog 勉強会をひらきます。

9月25日 15:00-17:00 

会場:ホルミシス臨床研究会 ホルミシスメディカル セミナールーム
住所:〒104-0042 東京都中央区入船3-1-2 ライオンズマンション新富町第二 301号

参加費用:1000円

https://hormesis-medical.com/staticpages/index.php/room

お問い合わせ:050-3709-1231 今駒(こんま)

OSCでGeeklogセミナー

  • 投稿者:
  • 表示回数 44,390
Geeklogセミナー
  • メディアギャラリープラグインの自動タグ medialist の管理とヘルプ
  • ユーザーアカウント登録画面
  • ログイン画面

    ([medialist:29 theme:s-1section-slider2 src:disp]で表示しています。)

    2019/2/22のOSC2019 SpringにてGeeklogのセミナーを開催します。ちょっと遠いですが、どうぞ!
    https://www.ospn.jp/osc2019-spring/modules/eguide/event.php?eid=4

    Geeklog 2.2は、hreflangが対応、2段階認証にも対応。
    機能アップが各所にあり、完成度の高いサイト構築が可能になってきました。

    2019-02-22 (金) 15時15分

    オープンソース CMS Geeklog ver.2.2 2FA等新機能紹介とクラウドWebサービス比較と利用のコツ

    講師:今駒 哲子(代表)
    担当:Geeklog Japan
    レベル:入門編
    対象者:ホームページをはじめたい初心者からリニューアルを検討したい人まで
    前提知識:特になし
    会場:明星大学 日野キャンパス 26号館 2F(OSC受付)
       (多摩モノレール 「中央大学・明星大学駅」から大学まで直結。会場まで徒歩6分)

    OSS CMS Geeklog 2.2に追加された2FAなどの機能を紹介します。さらにクラウドWebサービスを紹介。
    CMSからクラウドWebへ。クラウドWebからCMSへサイトを移行する際のコツも。


    ivywe版では、Geeklog 2.2.1の開発版をGitHubで公開しています。

    ページナビゲーション