• Geeklog本家および日本語リポジトリはGitHubに全面行しました。Issuesをご活用ください。

    アドオン DEMO Geeklogの特長と主な機能 @cht.geeklog.jpアカウント作成を申請してslackのGeeklog Japanに参加する

  • The Secure CMS Geeklog
    CMS Geeklog
    Geeklogは最初からブログ機能を提供する
    セキュアなオープンソースCMSです。

    Geeklog公式サイトのテーマDenim, Horizon, Ivywe版Defaultは、レスポンシブWEBデザインを採用しています。あらゆるブラウザサイズにスマートに対応しています。

    Geeklog本家 | 日本語化の内容

    PHP: PHP5.2.0 以上
    データベース: MySQL 4.1.2 以上。(MySQL5推奨)
    • MySQLの文字セット: UTF-8 Unicode

    • 文字コード照合順: utf8_general_ci

    WWWサーバ: Apache全バージョン Zeus IIS
    詳しくは Wiki
  • インストール

    1. バックアップとプラグイン無効化

    インストールの前にかならずデータベースをバックアップしてください。
    また、プラグインをプラグイン管理画面にてあらかじめすべて無効化してください。
    テーマをデフォルトから変更している場合には、利用しているテーマも対応バージョンに変更(新テーマ Denimなどに差し替え)してください。

    2. 解凍

    • オープンソースの 7-Zip を推奨。(他、Explzh(Windows)動作確認済み。)MACは標準のアーカイブユーティリティも。その他のアーカイブソフトでは正しく解凍されない場合があります。

    3. FTPによるアップロード

    3-1. Geeklog.jp日本語版の場合

    custom はsystem/custom 用のソースファイルです。
    extended は拡張版用のソースファイルです。
    plugins-jp は、日本語版用のプラグインです。日本語版は、japanizeプラグインをインストールして一括実行してご利用ください。
    プラグインのインストール方法は、adminは、公開領域admin/plugins以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。public_htmlは、公開領域以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。プラグイン本体は、plugins以下にプラグイン名のディレクトリを作成してコピー。

    3-2. IVYWE版の場合

    • FTPは、オープンソースの  FileZilla  (Windows/MAC)を推奨。(他、NextFTP(Windows)動作確認済み。)その他のFTPソフトでは正しくアップロードされない場合があります。

    詳しくは Wiki

    4. インストーラー起動

    ブラウザでアップロードディレクトリを表示するとインストーラーが起動。画面に沿ってインストールします。
    日本語版ではサーバーの日本語環境チェック用に、Pre-Installation Check (in Japanese) を用意しているので、言語を日本語に変更して、これを利用してください。

    install

    管理ユーザーのパスワードを変更管理ユーザーのパスワードを変更し、必要なプラグイン(日本語化プラグイン等)をインストール。日本語化プラグインを実行してサイトを日本語化してください。
    コンフィギュレーションでサイトを設定。その他各プラグインで必要に応じて作業を行います。
    テーマは、レスポンシブWEBデザインのDenimを活用してください。
    最後にサイトをセキュリティチェックして、運用をはじめてください。

    詳しくは Wiki

  • カスタマイズと事例

    詳しくは Wiki

Geeklog JapanサイトをSSL化

印刷用ページ
Geeklog情報

Geeklog JapanサイトにSSLを導入しました。

導入したSSLはLet's Encryptで、SSL証明書を無料取得&自動更新を行っています。

https://letsencrypt.org/

特徴

  • FirefoxやIE, Chrome, Safari, Edgeで問題なく使える
  • 3ヶ月の有効期限がありますが、CRONにより1ヶ月毎などで自動更新
  • ただしガラケーは非対応

1回設置しておけば永久に自動的に更新。SSLに脆弱性が見つからない限り永久に放置できるメリットがあります。

案件検索機能をOSS Japanに追加

印刷用ページ
Geeklog情報 OSS Japanサイトにて、案件検索登録機能を追加しました。

案件検索機能を追加
https://www.ossj.jp/article.php/works2016

クラウドワークや派遣等、様々な業務を登録し、受発注のかけはしになるものです。
小さな案件から大きな案件、様々な形態の案件でご利用ください。

案件検索
https://www.ossj.jp/databox/category.php/works/gcode/works

クラウドワーク(業務委託案件)
https://www.ossj.jp/databox/category.php/works_cloud/code

常駐派遣正社員等
https://www.ossj.jp/databox/category.php/works_haken/code

すべて
https://www.ossj.jp/databox/category.php/works_all/code

案件登録(要ログイン)
https://www.ossj.jp/databox/mydata/data.php?type_id=5

ご利用について
https://www.ossj.jp/staticpages/index.php/aboutworks

まとまった案件をお持ちの場合は、CSVファイルのインポートを行いますので、info[at]ossj.jpまでお送りください。

この機能は、dataBoxプラグインを活用しています。
ダウンロード
https://github.com/ivywe/geeklog-ivywe

dataBoxプラグインは、extended ディレクトリに含まれています。

テーマDefaultを本家ダウンロードコーナーで公開

印刷用ページ
Geeklog情報 テーマDenimをベースにして、極力UIkitを活用してGeeklog固有のスタイルを削除してhtmlを最大限にシンプルにしたテーマ、Defaultを本家ダウンロードコーナーで公開しました。

https://www.geeklog.net/downloads/index.php/file_56bd7fdd0d89e

このテーマには、コアプラグインのテンプレートも含まれます。
Geeklog 2.1.1からは、プラグインは、テーマディレクトリのなかにテンプレートを含めることができます。
今まではプラグインが個別に対応してきた機能ですが、2.1.1からは、標準機能になったわけです。

コアプラグインのテンプレートを、きれいに整えました。どうぞご利用ください。